あなたは、スポーツをしていて
なかなか実力が伸びる、怪我が疲れがなかなかとれない、
と悩んでいませんか?

今回のメルマガでは、解剖学と古来武道の文献に基づく

  • 全身の力みをすぐ取り去り、怪我しない身体を構築する方法
  • 試合や本番での緊張や不安感を物理的に下げる方法
  • 肩甲骨・股関節を最大限に活用する身体の使い方
  • 合理的に身体の痛みを取り去る原理原則
  • 武道の世界で知られる「丹田」の具体的活用法

などについて、総ページ数800ページと20時間以上の動画講義に渡って、解説しています。

野球、サッカー、バレー、テニス、陸上競技…まで、様々なスポーツ関係者から競技力向上と怪我の改善をいただいた実践的内容を無料で学べます。


*メールアドレス
*お名前

メルマガの特典1

当サイトのメルマガを登録された場合、弓道に基づく身体の使い方、姿勢、スポーツ技術を向上させる方法をまとめた動画28時間以上の教材を無料でプレゼントいたします。

 

特典2

腰・膝痛、肩凝り改善の具体的手法、栄養学、姿勢改善法を含めた、計9分野に及ぶ非公開テキスト803ページ、を無料プレゼントします。

 

*メールアドレス
*お名前

独自のスポーツ理論に基づいた11回の動画講義

第一講義:全スポーツに共通する運動技術向上のヒント

負担の少ない体の動きを習得したり、一流レベルの結果を残したい場合、練習方法を変えなければいけません。その中の一つが「体の使い方」です。体の使い方を変えれば、一瞬にして運動能力が向上するだけでなく、メンタルまで鍛えることができます。

また、あらゆるスポーツの動きが今よりスムーズになるため、運動時の怪我も軽減されます。こうした動きを習得すれば、どのスポーツであっても結果を出せるようになり、ライバルに差をつけることができます。

第二講義:腕を使う競技動作を改善するには

腕を活用するスポーツとしては、野球やテニス、バスケットボール、ゴルフ、水泳など多岐にわたります。サッカーであってもバランスをとるために腕は必要ですし、マラソンやロードバイクでも上体を安定させるために腕を用います。

腕を効率的に活用するとき、一般的には「肩」や「肩甲骨」に意識をおくように説明されます。ただ、実際にこうした部位に意識をおくと、筋肉が緊張して動きが悪くなります。そこで、どうすれば腕を振りやすくなるのかについて、講義内だけで説明します。

第三講義:武道の「丹田」から体の動きを変える

あらゆる動作を負担なく速く行うためには、武道で行われている「丹田」の考え方を学ばなければいけません。丹田とは、ヘソの下にある空間だと考えてください。丹田に体重を乗せれば、体がブレなくなります。

ただ、お腹に力を入れるなど、意識的に丹田に体重をのせようとしても意味がありません。筋肉が緊張して、逆に動きが悪くなってしまうからです。そこで、どのようにして丹田を活用するのかについて説明します。丹田を用いれば、あらゆるスポーツで上体を安定させることができます。

第四講義:重要場面での緊張を取り去る3つのポイント

失敗が許されない場面など、メンタルが大きく崩れるときがあります。これは、「緊張する姿勢」を無意識のうちに取っているからです。そのため、いくら頭で「心を落ち着かせよう」と思っても無意味です。「緊張を取り去る姿勢」を取らなければ、メンタル状態を元に取り戻すことはできません。

武道の世界では、心の落ちつかせるために行う3つのポイントが存在します。意識を少し変えるだけで、試合前や重要な場面での緊張がなくなり、思考が一瞬にしてクリアになります。

第五講義:一流選手が行う運動向上に必要な筋肉活用法

歴史に名を残した投手のフォームやトップランナーの腕振り動作など、偉大な記録を残したスポーツ選手を観察すると共通点があります。それは、彼らは「ある筋肉を最大限に活用している」ということです。

この筋肉を有効活用すれば、いまよりも格段に記録が向上します。トップアスリートが具体的にどのようにして記録を残していったのかについて、具体例を挙げながら解説していきます。あらゆる運動動作を改善させる筋肉活用法には、3つの原則があります。

第六講義:運動動作や姿勢が崩れる2つの要因

姿勢が悪くなったり運動動作が崩れたりする原因として、スポーツにおける良いフォームを身につけようとすることがあります。身体の構造を理解せずに動作を修正しようとすると、末端の筋肉を使いすぎてケガをしてしまいます。

そこで、本来は体の機能を学んだうえで負荷のかからない動作を実行しなければいけません。これを実践できるようになれば、スポーツに限らず普段の日常生活での痛みまでも解放されるようになります。

動作改善や怪我予防に重要なフォーム修正法

背中が曲がっていたり、肩がブレていたりすると、フォームを修正するように指摘されます。ただ、いくら意識して直そうとしたとしても、高確率で元通りに戻ったり他の部位でフォームの崩れを生じたりするようになります。

そこで、外からの見た目を直すのではなく、体の内部から修正しなければいけません。武道の世界では、これを「内観」といいます。内観を意識すれば、瞬間的に強く筋肉の力を発揮させられるようになります。これを応用することが、動作改善やケガ予防につながります。

第八講義:筋肉の緊張を取り除き、最大限の力を発揮させる

武道の考えを理解すれば、最小の労力で最大の力を発揮させることが可能です。そのためには、ある一つの部位に関する筋肉の緊張を取り去れば問題ありません。これを行えば、結果として全身筋肉の緊張緩和につながります。

なお、この筋肉をゆるめる方法は誰でも簡単に実践することができます。これをすることで運動性を高めれば、あらゆるスポーツに応用させることができ、体が疲れやすかったり痛みが表れたりしている全身の不調までも取り去ることができるようになります。

第九講義:目線や耳の動きが体全体の緊張に繋がる

スポーツ動作によく使われる体の部位は「腕」や「脚」などが挙げられます。ただし、その他にも目や耳の働きも運動動作で重要です。例えば、目線が下がると陸上の短距離では失速しやすくなったり、卓球ではサーブが入りにくくなったったりします。これは、目線の位置によって首が緊張するからです。

また、耳の影響によって肩が固くなります。例えば小鳥のさえずりなど、自然の音を聞くとリラックスします。一方、人から罵声を浴びせかけられると肩など体全体がこわばります。このように目や耳がスポーツの動きに大きな影響を与えるため、ここでは目や耳の周辺筋肉を緩める手法によって、どのように運動動作が改善するのかを解説します。

第十講義:試合で100%の力を出しきるメンタル調節法

誰もが試合で緊張し、ベストのプレーができなかった経験があるはずです。ただ、一流選手であるほど、常に「勝利」「優勝」を期待されてきた環境の中で結果を残しています。

それでは、どのように考えて「ここ一番での勝負強さ」を発揮させているのでしょうか。これには、ある1つのメンタル調節法を実践するだけです。100%の実力を出すためには、決まった思考法に従って行動するだけで問題ありません。

第十一講義:筋トレやストレッチだけだけでは不十分な理由

筋トレやストレッチを行う人は多いですが、これらを直接スポーツに活用させるのは難しいです。例えば、体幹トレーニングでは特定のポーズをとり、静止し続けることで胴体の筋肉を鍛えることができます。ただ、実際の試合では、そのようなポーズをとっている時間はありません。

もちろん、筋トレやストレッチが無駄だといっているわけではありません。それだけでは不十分だということです。鍛えた筋肉を活用するためには、筋肉の適切な活用法を理解する必要があります。これを理解した上で実践すれば、ようやく筋肉を最大限利用できるようになります。


*メールアドレス
*お名前