シューズの底にある「セパレート型」を理解する

マラソンで怪我なく、練習を積み重ねるには、道具に関する知識を深める必要があります。その中で自分の足に直結するシューズ選びは重要です。

その中で、シューズの底の構造は大きく2つに分かれていることを理解する必要があります。なぜなら、それらを理解することで、自分の走り方にあったシューズを選びやすくなるからです。

ここでは、シューズの底の構造から、自分の走りにあったシューズの選び方を解説していきます。
 
 蹴って走る人に向いている「セパレート型」
シューズの底を確認してみると、大きく「セパレート型」と「フラット型」に分かれています。ここでは、「セパレート型」について解説をしていきます。

セパレート型の底は、踵部とつま先部が分かれている構造をしております。その中で、最も知られているのがアシックスの「ターサー」であり、多くのシューズはこの構造になっています。

地面の接触する部分を分けると、着地して踵からつま先にすぐに体重をかけることができます。これにより、走っているときにつま先に体重を込めやすくなります。

スピードを上げるときに力強く蹴って走る人に向いています。エリートタイプのセパレート型のシューズになると、踵とつま先に特殊な素材がついているだけです。他の部分には軽量化のため、無駄な樹脂はなくなっています。

セパレート型のシューズの欠点は靴自体の構造が崩れやすいことです。なぜなら、土踏まず部に何もついていないため、つま先で蹴ろうとすると湾曲しやすいからです。

そこで、湾曲を防ぐ役目として踵からつま先部にかけて、支えとなる樹脂をつけている場合があります。これを「シャンク」と呼びます。シャンクがついたシューズは蹴った反発力がより足に伝わり、スピードが乗りやすくなります。

 
 セパレート型のオススメのシューズ
なお、セパレート型のおススメのシューズは「アシックスGT-1000」「ターサー」などが挙げられます。アシックスGT-1000は初心者から上級者まで使える万能のシューズです。底の樹脂が上部でしっかりしていること。ヒールカップがしっかりしており、フィット感が高いことから、安定した走りを実現させることができます。

[アシックス] Asics GT-1000 3-SW

「ターサー」はターサージール、ターサーJAPANなどがあります。どれも、着地後の反発力が効いて加速しやすいシューズとなっています。ただ、ターサーJAPANは底の構造が壊れやすいため、距離を多く積む場合、別のシューズにした方が賢明です。ターサーはあくまで大会用、スピード練習用として使用するようにしましょう。

ターサーの中で特におすすめが「ターサーJAPAN」です。理由は使用されているシャンクが丈夫だからです。靴が地面に接地し、靴の形状が湾曲したときに、中のシャンクによってもとに戻ります。j地面の捕まえる感覚がターサーの中で優れており、さらにヒールカップの安定感も持ち合わせております。

asics(アシックス) ランニング シューズ TARTHER JAPAN メンズ ホワイト TJR070 0123

このように、シューズの底の構造によってその人の走り方に適したシューズは異なります。蹴ってスピードを上げるのを好む人は「セパレート型」をオススメします。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です