マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスオーダーシューズ

マラソンで怪我なく、練習を積み重ねるには、道具に関する知識を深める必要があります。その中で自分の足に直結するシューズ選びは重要です。

世の中にはさまざまなシューズが販売されており、自分に合ったシューズを見つけるためには、一つ一つのシューズの特性を理解する必要があります。

ここではアシックスオーダーシューズを例にして、自分に合ったシューズの選び方を解説していきます。

 シューズで最もサイズを合わせづらいのが足幅
アシックスオーダーシューズは全国にあるアシックス本店で注文することができるものです。普通のシューズは表面や底デザイン、構造が決まっていますが、オーダーシューズは自分で色やデザイン、底の構造を決めることができます。

本店に入ると、専門のスタッフに誘導されて、実際に走っている姿を計測されます。それにより、走っている最中の足裏の重心や足首の曲がり具合などを測定し、その人にとって最適なシューズを選定します。注文する方は初心者から実業団までさまざまな方がいらっしゃいます。

この中で意識したいのが足幅です。シューズの世界では、足幅はE~4Eまでサイズが分かれています。4Eはもっとも広く、「スーパーワイド」と呼ばれています。スポーツ店を見かけると、スーパーワイドの幅広のシューズがよく置かれており、店員に薦められることがあります。

しかし、4Eのサイズが履ける人はまれで、ほとんどの人はどれだけ大きくても3Eです。つまり、ほとんどの人は平均的なサイズで履けるのです。足幅が広いシューズを選んでしまうと、足の甲にぴったりはまりません。もし、幅広のシューズを買ってしまった場合、注意が必要です。

無理やりフィットさせようとすると、靴ひもを結んでシューズの上部を締めつけてしまいます。すると、足の血管が圧迫されて、ランニングで足首や足指に悪い影響を与えます。

私がアシックスでオーダーシューズを頼んだとき、まっさきに勧められたのが、「足幅の狭いシューズ」でした。スポーツ店に売られている標準的なシューズでは、サイズに必ず合うわけではありません。むしろ合わない方が多いほどです。

そのため大衆店の売り場担当者のほとんどは、足幅の広いものを選んでお客様に勧めていると専門店の方に言われました。オーダーシューズでは、標準品にはない、その人に合った足のサイズを注文することができます。出来上がったシューズを履くと、確かに走りやすく足裏の怪我も少なくなりました。

シューズと足をうまくフィットさせるためには、踵が靴にしっかりついて、足の甲全体が程よく包まれている必要があります。その中でも、自分の足と合わなくなりやすいのが足幅です。
 
 標準品で足幅を合わせるなら、ピッタリサイズのランニングシューズを履こう
ただ、オーダーシューズは店においてあるシューズよりも1万~1万5千円も高くなります(だいたい、スポーツ店におかれているランニングシューズは1万円程度が相場)。そのため、普通の人が買おうとすると、かなり高額な買い物になってしまいます。

そこで、普通に店で売られているシューズで間に合わせる方法があります。それは、足のサイズとピッタリのシューズを選ぶことです。踵から中指先までの長さを測定し、25.5cmであれば、25.5cmのランニングシューズを選ぶと、足幅はピッタリフィットします。

ここで、1~1.5cm大きいシューズを履くと、足のサイズだけでなく、全体のサイズが大きくなってしまいます。靴ひもを強く結ばないと、靴と足がフィットしません。足のサイズが同じものを選べば、靴ひもを軽く締めるだけで足周りがちゃんと収まります。

シューズの足をうまく合わせるには、足幅のあったものを選ぶ必要があります。オーダーシューズを頼んだり、足のサイズにピッタリあうシューズを選んだりすることにより、自分の足にフィットするシューズを選択することができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です