レースの万全の状態で走る「寒さ」対策を理解する

フルマラソンで記録を伸ばすためには、練習以外のことにも気を遣わないといけません。その中にレース前の重要な課題として「寒さ対策」があります。

ランナーにとって冬の寒さ対策はレース結果を左右する大きなテーマです。気温の低い方は記録は出やすいとはいえ、寒さにも限度があります。スタート前に体が冷え切ってしまったという経験をした人も少なくありません。

ここでは、万全な状態で走るための寒さ対策を解説していきます。

 寒い日に有効な雨がっぱを活用する
冬場、気温が10~13度ぐらいの中に立っていたら5、6分もすれば、せっかくウォーミングアップで挙げた体温も元に戻ってしまいます。

例えば、東京マラソンではスタート地点で1時間近く待たされます。小さなローカルマラソンでも10分前にはスタート前でにたっていなければいけません。しっかり対策を立てないとスタート前の寒さに負けてしまいます。

そこで、簡単にできる対策として「雨がっぱ(ビニールポンチョ)」があります。晴れた日でも捨ててもよいので、体を冷やさないように心がけましょう。大きなビニール袋に穴をあけて使っても問題ありません。大会によっては、参加賞の引換物の中に入っていることもあります。

他に寒いときは手袋やアームウォーマー、ハイソックスなど基本的な装備も怠らないようにしましょう。指先には多くの神経が集まっているため、手袋による保温は大きな寒さ対策になります。
 
 使い捨てカイロ、ホットクリームを活用する
ウォーミングアップをして温めた体を冷やさないようにする他の方法として使い捨てカイロがあります。カイロを脇の下に貼ったり挟んだりしておけば、それだけでかなり違います。

特に効果的なのが、脇の下にあるリンパや頸動脈(けいどうみゃく)などの太い血管を温めることです。たくさんの暖かい血液が体内に巡れば、その分体温も上がります。個人的は、寒さがきつい大会の場合、スタート前に両足先につけて、脚周りを温めるようにしています。

ただ、カイロの場合、使い終わった後の処理を考えておく必要があります。そこで最近では体に塗ることで体温を保つ、あるいは温めるホットクリームが多く市販されています。クリームなら使い終わった後の処理に困ることはありません。

 最も寒さ対策に優れているのは「サランラップ」
ランナーの中には、お腹の冷えにより、腹痛や急なトイレに襲われることは多いです。そこで、お腹の冷えの対策として、サランラップがあります。

やり方はゼッケンの裏やおなか周りをサランラップで包むだけです。やってみるとわかりますが、走っているときにお腹が冷えることはありません。むしろ、真冬でも半袖で走れるくらい体が温まってきます。

あらゆる寒さ対策をしてきましたが、最も効果的なのがサランラップであると考えています。理由は手軽であり、効果も大きいからです。

途中で暑くなれば、お腹からとって小さくまとめてもよいし、捨ててしまっても問題ありません。冬場のポイント練習は必ずお腹にサランラップを巻いて練習しています。軽装で走るランナーにはオススメの方法と言えるでしょう。

ランナーにとってスタート前の寒さ対策はレース結果を左右する重要な課題です。市販の道具を使って、ウォーミングアップで温めた体を冷やさないようにしましょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です