マラソンで怪我を防ぐシューズの選び方

マラソンでケガなく、継続的に練習を進めるためには、メニューを考える以外に道具を慎重に選ぶ必要があります。走るための道具としてシューズがあります。

初心者はシューズの知識がないため、何を基準に選んでよいのかわかりません。そのため、適切なシューズ選びを身につける必要があります。今回はマラソンで怪我なく継続的に練習するために必要な、シューズの選び方を解説していきます。
 
 大切なのはフィット感
近年、ランニングブームにより、市場にランニングシューズがあふれかえっています。ただ、どれが自分にあっているのか、どこに着目し、何に気をつけたらいいのかわかりません。

特に初心者でよくあるのが「デザイン」で選ぶことです。見た目が良いという理由だけで購入すると、足になじまず、マメを作ったり爪を痛めたりします。

そのため、シューズを選ぶときの基準をしっかり理解しましょう。大前提となるのが「フィット感」です。

最初にシューズを選ぶときは足になじむかが大切です。履いてみて「なんだかしっくりこない」とまっさきに感じてしまう人は、どこか自分の足に合わない部分があります。そのため、たとえ見た目がよくても避ける必要があります。

そのため、シューズ選びでは、実際に履いてみて歩いたりジョギングしたりしてみましょう。そのときに足に違和感を感じなければ、問題ないといえます。

また、初心者は靴底の厚いものをオススメします。初心者は「自分の体重を受けるときに必要な脚の筋肉」が発達していないため、エリートランナーのような薄型のシューズを履くと負担が大きくなります。初心者は自分の体をしっかり支えてくれる厚底の大きいシューズを選択しましょう。

ためし履きするときも注意が必要です。たいていの場合、試着はいすにすわって行います。しかし、座ったときのフィット感だけで判断すると間違える可能性があります。

座った状態では体重が足ではなく、お尻に分散されているからです。実際に走るときは足でほとんどの体重を受けるため、靴ひもを締めた後に立って確認するようにしましょう。

トップアスリートであっても実際に足になじまないシューズで大事な選考レースに挑んだ結果、後半で足にマメを作り失速を余儀なくされたという話があります。シューズ選びで最後にモノを言うのは自分の感覚です。しっかり、ためし履きをして、最適なシューズを見つけてみましょう。
 
 二つのシューズで悩んだ場合、前屈をして判断する
また、自分の気にいったシューズが二つあり、どちらが自分の足に合っているのか判断がつかない場合があります。そういった場合、それぞれの靴で前屈をすることで自分に合っているかを確認することができます。

二つのシューズを履いて、その場で前屈をしたり、体を後ろに反り返したりしてみましょう。比べてみて前屈のしやすいシューズは自分に合っている可能性が非常に高いです。

シューズによって、履いた後の指先の力みや重心の位置が変わります。そのときに、前屈をすることで、足に無駄の力みがかかっていないか、重心が適切な位置にあるかを判断できるのです。

自分にあったシューズの場合、体を倒しても筋肉に張りがなく、前屈を楽に行うことができます。反対に合っていない場合は、前屈をすると脚の筋肉が緊張し、固さを感じます。そのため、立って体を屈め、自分に足にフィットしているシューズを判断するようにしましょう。

マラソンで継続的に練習を続けるためには、シューズ選びも大切です。歩いたり前屈したりして、自分の体に合ったシューズを選ぶようにしましょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です