3時間台を達成する人の練習メニュー:7~8週目

フルマラソンで3時間台(3時間10分以内の完走)を目指すには、練習メニューをしっかり組むことが大切です。効率よくスケジュールを組むことで、記録向上に必要な心肺機能が強化されます。

ここでは、3時間台(3時間10分以内)を目指す人を例に、実際に行う練習スケジュールを紹介していきます。

 練習メニューで必要な5つのポイント
3時間台の練習メニューの必要なポイントをまとめると、以下の5つになります。

 ・1週間に3日、脚や心肺に負荷をかける練習日(ポイント練習)にする
 ・残り三日はジョギング、あと一日は休みにする
 ・平日練習時間は場合によって2時間程度かかることも想定する
 ・土日は基本的に両方ともポイント練習、うち1日は長い距離を走る
 ・13週間(3か月)のうち、10週を通常練習、残りを調整練習とする
 
3時間台の練習で大切になるのは、心肺機能の強化です。練習では積極的に追い込みを行い、息が切れるくらい力を使い切ることを心がけます。

3時間台を達成するための基準タイムを確認しておきます。3時間10分以内でゴールするためには1km4分30秒で走る必要があります。練習メニューでは、20~30キロのペースを1km4分15秒~4分20秒で走れるようになることを目指しましょう。
 
 練習メニュー:7~8週目
7~8週目の練習は以下のようになります。

水曜日のペース走(一定のスピードで走る練習)は時間にして、62~63分で15kmを走れる計算です。前週の5~6週目ではペース走を13~14km程度練習すればよいため、負荷がほんの少しだけ増えたと考えても良いでしょう。前回の経験を活かしてしっかりと走り切りましょう。

土曜日のタイムトライアル(指定の距離を全力で走る練習)は5~6週目と同じ内容になっています。前週走った回数が2~3回であれば、次は3~4回を目指しましょう。タイムトライアルはメインの練習です。しっかり呼吸を追い込んで、前週で鍛えた心肺機能を強化させましょう。

日曜日のLSD(長い距離をゆっくり走る練習)は30km走るのを目標にします。平均ペースは1km4分50~5分です。2時間30分走ることに苦痛を感じなければ、問題なく走り続けられるスピードでしょう。前半はゆっくり、後半はペースアップを心がけます。

以上の練習メニューにより、3時間台達成に必要な心肺機能を鍛えることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です