マラソンの姿勢で気にするのは「背中」だけでいい

フルマラソンで自己記録を更新するためには、走る姿勢を勉強することが大切です。適切なフォームで走らなければ、怪我やペースダウンにつながります。

ただ、フォームといってもそこまで難しい話ではありません。フルマラソンにおいて、姿勢で気にするところは一カ所だけで問題ありません。ここでは、マラソンのフォームで気にするべき部分を解説していきます。

 マラソンでは「背中が真っ直ぐ伸びているか」だけを見る
近年、ランニングの書籍を見ると、「肩甲骨を寄せるように腕を振る」や「両肩がぶれないようにする」など、あらゆる部位に焦点を当てて説明しています。

ただ、このように腕や肩を気にする必要はありません。マラソンの世界では「背中」に注目するようにしましょう。走っているときに背中が「楽か」「のびのびとしているか」「前や後ろに屈みすぎていないか」などを把握することがポイントです。

腕や肩はなるべく力を入れないことだけを考えます。腕を振る角度を気にしたり、両肩に注意しすぎたりするとかえってパフォーマンス低下につながります。

後半になってスピードを上げようとすると、腕ふりや肩の動きがどうしても変わります。ここで体の動きや形にとらわれると、ペースアップしようとしてもなかなか速度が上がりません。

それよりも、背中に注目してみましょう。走っている最中に腕の振りすぎによって背中の筋肉上部に固さを感じたらあまり腕を振らないようにします。

あるいは、両肩を動かさないように気にしすぎてしまい、肩周りの筋肉が緊張してしまったとします。そうした場合は、両肩を動かすようにして、背中をリラックスさせましょう。

これは、膝の向きでも同じことがいえます。ランニングでは、キレイなフォームを保つために「膝の向きを真っ直ぐにしましょう」という教えがあります。膝を真っ直ぐ向けると着地の衝撃が均一にかかるからです。

ただ、膝の向きを意識しすぎて速く走れなかったり目線が下に向いてしまったりするのであれば、あまり気にしない方が得策です。目線は高く、背筋を真っ直ぐに伸ばして走りましょう。その姿勢で脚を楽にしておけば、問題ありません。

なるべく背中は余計な緊張をなくし、まっすぐ伸ばすようにしましょう。その他、体の部位は動きに任せるようにすれば、走っている最中に自然と動いてくれます。

 大切なのは、背中からくる推進力
このようにすると、フォームが崩れているように見えるかもしれません。指導者はあなたの走りを見て、「走るときの軸がぶれている」と注意する可能性もあります。

ただ、マラソンにおいて一番大切なのは「走りの伸び」や「推進力」です。これらはみな、体の後背部の筋肉によって生まれるものです。いくら見た目のフォームがキレイでも、ペースが乗ってくるような脚運びができなければ、記録向上につながりません。背中を最大限に使った走りをしなければ、スピードが思う通りに出ないのです。

実際に私もマラソンで記録を向上させたいと思ったとき、肩甲骨や両肩の位置を気にして走っていた時期がありました。しかし、それでは思う以上にスピードが出ず、怪我をしたこともあります。それを一切やめて腕は動くがままに放っておくようにしてから、記録が大幅に更新されました。

他の部位に気にとらわれて、背中を固くしてしまったら、記録は向上しません。そのため、マラソンにおけるフォームは「背中が真っ直ぐ伸びているか」だけを着目しましょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です