ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法

野球の練習方法は様々なものがあり、投げるときに重要な筋肉の鍛え方や筋肉の柔軟性を高めるストレッチなどがあります。

しかし、いくら筋肉を鍛えても、それを活用する体の使い方ができなければ意味がありません。自分の能力以上に不必要な筋肉を持つことは、かえってスムーズな動きに悪い影響を与えてしまいます。

例えば、肩周りの筋肉を鍛えたり柔軟性を高めるストレッチをしたりします。しかし、その人が肘を意識的に高く上げたり指先に頼ったりした投げ方をしていると、鍛えた筋肉を活用するのが難しいでしょう。

さらに余計肘や指先に頼らないといけなくなり、その結果として怪我やパフォーマンス低下につながってしまいます。

そこで、筋肉を鍛えて柔軟性を高める以外にも、自分の体の感覚や意識を変える練習を取り入れなければいけません。すると、トレーニングで鍛えた筋肉を活用することができます。

ここでは、野球のピッチングで今より体の使い方や意識の持ち方を変える練習方法を紹介していきます。

 上体を固定して、キャッチボールをしてみる
普段キャッチボールをするとき、下半身が自由であれば腕の意識なく遠くになげることができます。手首だけで投げても、肘を伸ばした状態で投げても遠くに飛ばすことができます。

そこで、下半身が使えなくするために上半身を固定した姿勢を作ります。左膝を地面につけ、右足を広げて構えます。弓道の世界では、これを「蹲踞(つくばい)」の構えと呼びます。このとき、左膝と右足先を一直線にそろえるようにします。

この姿勢になると、上半身がまっすぐ伸びて安定します。つくばいの構えでキャッチボールをすると、いやでも投げる腕の肘を高くしないと投げることができません。これにより、自然と上半身と腕を連動させた投げ方を身につけることができます。

いくら肩周りの筋肉を柔軟にしても、下半身を使っているうちは、肩関節の回転運動をうまく活用できていない可能性があります。この姿勢でキャッチボールをすると、自然と肩周りが動かされる投げ方になります。そこで、この方法を普段の練習で取り入れれば、肩周りの動かし方が改善されます。
 
 軍手をはめてキャッチボールをしてみる
ピッチャーにとって、指先の感覚はコントロールを良くするための重要な要素です。しかし、指先に頼りすぎると指先の力みから肩や肘に負担を与えてしまう投球になる可能性があります。

そこで、指先の感覚をなくしてボールを投げる練習を行います。軍手をはめて投げると、これを行うことができます。軍手をはめた状態で、普通に制球良く投げられるようにします。すると、軍手をとったときに投げやすくなります。

投げる動作は、指先に頼ったほうが投げやすくなります。逆に言うと、指先を頼りやすいから意識してしまいます。軍手をはめると指先は使えなくなるため、体を使わざるを得ない投球になります。

このように、今までの野球の練習法以外に「体の意識や感覚を変える練習」を取り入れてみましょう。今までと違った体の使い方や意識を体感でき、上達のキッカケにつなげることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です