投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる

ピッチャーが楽に速い球を投げるために、投球フォームを改善することは大切です。

速い球を投げるための要素は「下半身の重心移動」や「腰の回転」といった、下半身を鍛えるトレーニングや、肩関節回りの筋肉の鍛え方などがあります。

しかし、そういった下半身や投げる腕ではなく、投げる寸前の「首の向き」を少し変えるだけで、今よりも球速を上げることができます。

ここでは、速球をさらに向上させる首の使い方について解説していきます。
 
 首を斜めに向けて投げるとさらに球速が上がる
人の投げ方には二通りあります。投げるときの上体が「斜めに傾く人」と「垂直に立っている人」です。上体が斜めに傾く人は速い球を投げることができ、上体が立っている人は速い球を投げるのは難しいです。

上体を斜めに傾けて投げると、背骨も斜めに傾いて回転します。この回転によって腕は前方に振り出されます。上体が斜めのフォームは投球負荷は肩ではなく脇周りにかかります。これは、肩ではなく、背骨の回転で投げていることがわかります。

一方、真っ直ぐな上体のフォームでは、背骨の回転から腕を前方に出すことができません。真っ直ぐな姿勢では、背骨がまっすぐ回転すると腕は横に出てしまうからです。

サイドスローのピッチャーであれば問題ありませんが、上投げの投手が上体を真っ直ぐにして投げるためには、腰ではなく肩の関節を意識して回転させないといけません。このとき腕に伝える力に限界がきてしまうため、速い球を投げることはできません。

そのため、速い球を投げるためには上体を斜めに傾けることが大切です。

そこで、首を斜めに傾けると、上体が斜めに傾きやすくなります。これにより、背骨の回転運動がしっかり行われます。いくら背骨が斜めの姿勢でも、先端の首が垂直に立っていると、背骨の回転運動は起きなくなってしまいます。

 「片方の目だけでミットにめがけて投げる」くらい、首を後方にねじる
先に述べてきた内容だけでなく、さらに背中や首の回転運動を強める方法があります。それは、より首を後方にねじることです。キャッチャーのミットが片方を右目だけで投げるくらいに首をねじりましょう。

これにより、さらに、背骨の回転が強まります。昔の投手は、投げ終わった後に帽子が飛んでいるピッチャーがたくさんいました。これは、キャッチャーミットを見ること以上に自分の上体の回転運動に重きを置いていたことがわかります。その結果、帽子が飛ぶくらい、首が後方にねじれていたのです。

ただ、この首のねじれを意識的に行うと、かえって投球コントロールに悪影響を及ぼす恐れがあります。そのため、実践してみて投げにくかったら、この方法を行わない方が得策かもしれません。

いずれにしても、下半身や背骨をしっかり使うことが大切です。下半身の重心を移動させ、腰の回転力が高まれば、首がさらにねじれてくるものと考えると、首の向きに囚われなくて済みます。

今よりも、さらに球速を上げたいのであれば、「下半身」「背骨」以外にも、リリース時の「首」の使い方を変えてみましょう。そうすれば、さらに速いボールを投げることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です