遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方

ピッチャーは、球速が速ければ有利というわけではありません。野球の世界では、遅い球でも億を稼ぐピッチャーがいます。

テレビで見ると打てそうなボールを投げているように見えますが、バッターはなかなか芯でとらえることができません。山本昌投手や元オリックスの星野伸之投手はこの例です。

そういった遅い球でも相手に通用するピッチャーは、投げるときにフォームの見せ方を変えています。この見せ方により、バッターはタイミングをはずされ、130km台の球でも打ち取ることができるのです。

ここでは、バッターのタイミングをはずすためのフォームの見せ方とそのために必要な腕の使い方について解説していきます。

 山本昌投手はギリギリまで球の出所が見えない
遅い球でも打ち取ることができる投手のフォームには、ある共通点があります。それは球の出所が隠れていることです。

バッターはピッチャーの投げているときに球が見えると、腕の振出しやタイミングを瞬時に予測できます。視力が良いバッターは、球の出所から相手の球の握り方まで見極めます。

そこで、リリースの直前まで球が見えないと、相手が予測しない間にボールが放たれます。すると、球速関係なくタイミングがずれてしまい、打ち取られてしまいます。

山本昌投手のフォームはもっとも球の出所がみにくいと言われています。さらに、回転数が多いです。150km以上を投げる「松阪大輔」「クルーン」「藤川球児」の三人でも、の回転数は40回程度です。しかし、山本昌投手の回転数は52回転もしていることがわかっています。

つまり、バッターには一層速く見えてしまいます。「日本球界で一番球速が速く見える投手」とも言われています。それは、球の出所の見えにくく、かつ球の回転数が多いからです。

 球の出所を見にくくする「腕の降ろし方」
球の出所がみえにくくなる投げ方を身につける必要があります。ここでは、バッターからみて「ギリギリまで腕を隠すことができる腕の使い方」を紹介していきます。

まず、上半身の姿勢を整えるために、首を伸ばして肩を落としましょう。すると、胸周りがほぐれ、脇の下の筋肉が張ります。この姿勢を保持しつつ、ボールを持ちます。

さらに、振りかぶって足を上げたとき、腕を降ろすようにして投げる方の肩を少し下げてみましょう。むやみに下げることを意識せず、腕を楽に降ろすように下げます。

すると、前腕(肘から手首までの部位)が自然と外側に向きます。これにより、腕がバッター側から見て隠れます。このまま投げると、肘を引き上げるまで腕が見えません。

このように、脇の下の筋肉が働くと、前腕が外側に向きやすくなります。この部分が内側に向くと、胸が前方に突出してしまいます。その結果、握りが前に出てしまいます。これが、前腕を外に向けやすい姿勢を取らなければいけない理由です。

首を伸ばし、肩を落として脇の下の筋肉を働かせましょう。そして、腕を下すように肩を落とすことで、球の出所が見えにくくなります。ほんの少しの違いですが、バッターを打ち取りやすいピッチイングフォームを身につけることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です