一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方

プロで活躍する一流ピッチャーのフォームを研究するのは上達の一つの方法です。ここでは、一流ピッチャーに共通するフォームについて紹介していきます。

多くのピッチャーの共通点「捕手方向に体重を移動させるときに、両腕が内側に回転させる(内旋させる)」ことです。

腕の関節が外側に向くと、肩や肘はひねられてしまいます。一方、腕が内側に向くことで、肩や肘などの部分的ではなく、腕全体を動作に活用することができます。

しかし、どう意識して、この腕の内旋させる動作を行っているのかは具体的にはわかっていません。そのため、この動作をするための筋肉の使い方を理解する必要があります。

ここでは、一流投手が実行している腕の振り方を実現させるための体の使い方を解説していきます。

胸を楽にして、脇の下を張ると腕は外側に向かなくなる
まず、胸を楽にするために、首を伸ばして肩を落としましょう。そうすると、肩を落としたと同時に胸まわりが楽になり、脇の下が少し張ります。

この姿勢をとって、腕を外側に回してみてください。手首と肘は回せますが、肩は回すことができません。これは、脇の下の筋肉が張られ、肩関節と胴体がしっかりつながるからです。

この状態で、体全体を使って、大きく投げてみましょう。そうすると、楽に腕を速く振ることができます。

腕が外側にも内側にも回転できる状態だと、腰を回転させたときに胸が開きます。すると、投げる方の腕が後ろにひけてしまいます。一方、脇の下を張った姿勢で投げると外側に曲がらなくなるため、投げる側の腕が自然と内旋する腕の動きが実現されます。
 
 「腕を内旋させる」の言葉だけを取ると球速が落ちる
一流投手が投げるときの体の使い方は見て理解できますが、自分のピッチングに取り入れるときに注意点があります。

それは、「腕だけを内側に回転させて投げようとしてしまう」ことです。

これらの動きはあくまで、「自然とそうなる」ものであって、自分で意識して作る動きではありません。捕手方向に体重移動させるとき、自分で意識して腕を使うとフォームの崩れに繋がります。

投げるときに腕だけ意識して投げると、腕を振り始めるときに肘が上がりにくくなります。

その結果、肩関節が胴体とはずれてしまい、自然と肘が下がります。足を着地して腕を振り始めるとき、振る速度を加速させるための「腕のしなり」が出なくなるため、球速の低下につながります。

野球の指導書や説明書には肩周りの柔軟性を高めるための体操やストレッチがあります。そこで「腕を内側に回転させるという動きを取り入れると、腕だけで使おうと考えてしまいます。その結果、肘を無理やり引き上げたり、腕をたたもうと考えたりしてしまいます。

そうすると、腕の動きは確かに良く見えますが、その後の体重が前足に乗り、腕の振りを加速させる運動ができなくなります。

ある野球の指導書には「肩関節、股関節の4つの球関節をひねる」と説明もありますが、自分でひねると腕の動きが変になるだけです。その動きをつなげて、ピッチングの実力を上げるのは難しいでしょう。

そのため、最初の姿勢が大切です。上半身の無駄な力みをなくすために、首を伸ばして肩を落としましょう。これによって脇の下の筋肉が働けば、腕が自然と内側にひねられます。腰の回転に自然についてくる理想的なフォームが完成します。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です