ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる

スポーツを続けていく上で、避けて通れないのが「怪我」です。野球では、怪我を予防しようと頭で思っても、無理な体の使い方をしてしまいます。その結果、怪我をしてしまうことがたくさんあります。

ピッチャーはとくに肩や肘を痛めやすいです。これは、球速アップをしようと思うあまり、腕に必要以上の力をかけて振りぬいて投げるからです。

小学校、中学校から続けている人が肘を痛めた場合、大人になって再発する場合があります。一度怪我すると元の状態に戻すことは難しいです。球速を上げるためには、なるべく肘や肩に負担をかけないとうに投げる必要があります。

そこで、肩や肘を使わずに球速アップに繋がる体の使い方を紹介していきます。

 少し、肩を下げると体全体を使ったピッチングができる
多くの人は投げるときに肘を使ったり、指先に力を入れたりして速い球を投げようとします。そうすると、力みは肩や肘に伝わり、肘に負担がかかります。

そこで、肩、肘に力みがないように上半身の姿勢を整える必要があります。これを行うために、首を伸ばして肩を落とします。そうすると、胸周りの緊張がほぐれます。

今回は右投げピッチャーと仮定します。この姿勢を保ち、左足を上げましょう。そのときに、投げる側の肩を脱力するようにして、肩を落とし気味にします。すると、肩を落としたと同時に脇の下の筋肉が張られます。

この筋肉が張られると、胴体と肩関節ががっちりかみ合います。すると、脇の下から指先まで腕が一体ものになり、肘や肩など一部分だけに負担がかかりません。その結果、腰の回転したとき、脇、肩、肘、手首が同時に振り出されます。

胴体と関節がかみ合わないと、腕と胴体が連動しないため、腰を回転させたと同時に腕がねじれてしまいます。すると、肩、肘関節が別々に働くようになり、一部分に負担がかかるようになります。

この投げ方を行えば、今までより胴体の力が腕により伝わるため、球速が速くなります。さらに、怪我しにくくもなり、練習量を上げることができます。

肩を少し下げる動作は、必ず首を伸ばし、肩を落とした姿勢で行ってください。肩だけ下げても脇の下の筋肉が張られません。この筋肉が張らないと、投げるときに胴体と腕が別々に働いてしまいます。

 一流ピッチャーが実践する肩の使い方
プロ野球の世界を見ても、少し肩を下げて投げるフォームのピッチャーがたくさんいます。このような姿勢のピッチャーはどの人も長い間活躍し、球のキレも他の人よりも優れています。

投げる側の肩を落とした方が良い理由は野球の世界では「重心が軸足にしっかり乗るから」と説明されています。

ただ、姿勢の観点からいうと、肩を落とすことで、脇の下の筋肉が働きます。すると、投げる側の肩が前後にぶれなくなるため、自分の体重を軸足に乗せることができます。

ピッチング時の球速を上げるために首を伸ばし、両肩を落としましょう。そして、投げる側の肩を少し落とし脇の下を張って腕を振りましょう。今までより格段に腕が楽になり、かつ速い球を投げれるフォームになります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です