顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる

スムーズに、かつ速くスイングをするためには、バッティングのフォームを改善する必要があります。

野球の姿勢改善では、よく「胴体」や「下半身」といった部位で説明されます。しかし、「胴体」や「下半身以外」にも「顔の向け方」を少し工夫するだけで、自分のバッティングフォームをさらに向上させることができます。

ここでは、バッティングフォームを改善できる「顔の向け方」と、それによるフォームへの利点について解説していきます。

 顔を深く入れると腕の使い方が変わる
顔の工夫といってもその方法は簡単です。「ピッチャー方向に深く顔を向ける」だけです。ピッチャー方向に顔を向けたとき、自分の首筋と、胸の鎖骨で十文字ができるくらいに顔を向けます。

こうすると、向けた方と反対側の腕が解剖学的に締めやすい構造を取ります。すると、スイングするときに理想的な腕のたたみが完成されます。

さらに、顔を向けたことにより、上体が必要以上に後ろに行きすぎるのを防ぐことができます。

もちろん、最初(ピッチャーの投げ始め)は顔の向け方を甘くしておいて構いません。ピッチャーが振りかぶり、バットを後ろに引いたとき(左打ちの場合は)、右腕の位置が変わります。すると、顔をピッチャー方向に向けやすくなるので、そこで顔を深く向ければ大丈夫です。

このとき、顔を左右に傾けたり、アゴが浮いたりしないようにします。顔が水平でないと、ボールをしっかりミートさせることができなくなります。

 弓の動作で顔を深く入れる理由
弓道の世界でも同様に、顔を的方向に深く向ける利点があります。それは、顔を深く向けると、弓をより体の近くに引き寄せやすくなるからです。

弓はなるべく体の近くに引き寄せなければいけません。体に深く引き込むことができなかければ、弓の復元力に負けて、腕や拳が押し戻されてしまいます。

そこで、顔を深く向けて、右肘を曲げやすい構造を作ります。すると、右肘が右肩の後ろで折りたたまれやすくなり、弓の復元力に負けない骨格構造が完成します。

これと同じことは、野球のバッティングでもいえます。顔を使い右腕を使いやすくすることで、より動作に無駄がなくなってスイングがキレイになります。今よりも少し、顔を深く正面に向けてみましょう。上体がぶれなくなり、スイングしやすくなることがわかるはずです。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です