ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方

ピッチングで速い球を投げるためには、下半身の重心移動や上半身をネジる力が大切です。このとき、脚や腰以外に「グラブをつける側の腕」の使い方を変えることで、球速を速くすることもできます。

グラブをつける方の腕は使わないため、あまり深く考えることがないかもしれません。しかし、人の体は左右の筋肉両方とも背中からつながっています。グラブをつける側の腕をうまく活かせば、背中全体の筋肉によい影響を与えることができます。

ここでは、「グラブをつける方の腕」がピッチングに役立つ理由と、その使い方について解説していきます。

 利き手と逆の手を引くと、利き手がより速く振られる
例えば、右ピッチャーの場合はリリース時に右手を意識して投げます。

そこで、リリースの瞬間に「右手ではなく、左手を思いっきり体にひきつける」ように投げてみましょう。すると、より速く腕を振れます。このようにして、左腕を意識すると右腕の振るスピードが変わります。

人は腕や体の部位を動かすとき、左右の同じ筋肉の神経は同じ脊髄の場所からきています。解剖学の世界では「連合反応」と呼ばれ、人は左腕を曲げると、右腕も曲げたくなる性質を持っています。牛乳を飲むとき、空いている手を腰に当てたくなるのは、牛乳を飲む腕が曲がっているからです。

この理論を当てはめると、投げるときの右腕は曲がっている状態が理想です。そこで、左腕も同じように曲げて使うと、右腕も曲がった形に同調します。さらにいえば、投げるときの右腕は内側に曲がっていきます。これと対応するため左腕もただ曲げるのではなく、内側にねじるようにすると右腕の動きと同調します。

これを意識すれば、左腕を伸ばしたときよりも腰の回転スピードが素早くなし、速く投げることができます。さらに、左腕を内側に入れることで上半身が左右にぶれるのを防ぐ役割もあります。

投げ終わったピッチャーのグラブの位置を見ると、多くの人が腕を伸びていたりおなかにつけていたりしています。つまり、右腕と同じように使われていない人がほとんどです。そうすると、左右の腕の動きがチグハグになってしまい、腰のキレがうまれません。

 足を上げたとき、同じ肩の使い方をすると、動作が同調する
左右の腕の動きを同調させると腰の回転が速くなります。ただ、同調させるポイントは他にあります。それは「足を上げたとき」です。

右ピッチャーが足を上げるときは、これから右腕が前方に振られるという、まさに最後の準備期間です。ここで、右肩が後ろに引けていると腰の回転力がうまく右腕に伝わりません。

そこで、腰の回転力がより伝わるように右肩を寄せる方法があります。足を上げたとき、左肩を少し自分の体に寄せるようにしましょう。すると、右肩が後ろに引けにくくなります。

これは左肩を寄せることで、左脇の下の筋肉を動かしやすくなるからです。同時に、右脇の下の筋肉も働きやすくなり、投げる時に生じる腰の回転においていかれない理想的な肩の収まりが実現します。

この状態で投げると、腕に力を入れなくても球速が速くなります。左脇の下の筋肉が働くことで、腰の回転と同時に上体もしっかり回転します。

左右の動きが同調すると、投げるときに生じる体の開きや上体の反りなどの崩れがなくなります。右側だけでなく常に左側を使うことで、ピッチングフォームが改善されます。

トルネード投法で知られる野茂秀雄投手は、足を上げるときに大きく左肩を内側に寄せます。左肩を入れることにより、リリース時に左右の動きが同調しやすい体の状態を作ることができます。

足を上げるときに左肩を寄せ、左右両方の筋肉を働かせましょう。すると、ピッチングフォームの改善や球速の向上につなげることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です