球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方

今よりも球速を上げるためには、速い球を投げるための要素を理解する必要があります。

その中の一つに「投球時の重心移動」が挙げられます。ピッチャーは前足を地面につけるときに、自分の上体が前に移動します。この重心移動を速くさせると今より球速を上げることができます。

しかし、ただ速ければ良いというわけではありません。重心を速くすることだけを考えていて、軸足をけったり、腰に力を入れすぎたりしてしまうと、思った以上にスピードが出なかったりコントロールが定まらなかったりします。

そのため、スムーズに、かつ速く重心移動を行う必要があります。ここでは、重心移動をスムーズに行う体の使い方を解説していきます。

 スムーズに重心移動を起こすための「上半身の姿勢」と「足の上げ方」
まず、上半身を整えることで、重心移動をスムーズにさせる姿勢を作ります。そのために、首を伸ばして両肩を落としましょう。なで肩になるイメージで肩を落とします。そうすると、肩の下にある脇の下の筋肉が自然と張ります。

この筋肉は足を上げるときに大切な筋肉です。脇の下の筋肉が自然と張る姿勢を保ち、足を上げる動作に移っていきます。

このときに、足だけを上げるのではなく、上半身全体を使って上げるようにしましょう。首を伸ばし、肩を落とすことで足が地面につきます。そして、首を上方向に伸ばし続け、足を下方向におとしつづける気持ちで下方向に伸ばします。すると自分の軸足が安定し、少し膝の裏が伸びる感覚になります。

上半身に無駄な力みなく、軸足がしっかり地面についた姿勢になります。この姿勢から足を上げるのではありません。首を伸ばし、脇の下から肘を少し上げるようにしましょう。足はそれにつられるように自然と上がっていきます。

そうすると、軸足から首までが伸びる姿勢で投球モーションに入ることができます。のびのびとした気持ちで前足をおろし、重心移動を起こします。

このときは足をただ前につけるのではなく、かかとの内側から降ろすようにしましょう。すると、一瞬で腰から前に重心が動き、さらに前足が前方に向いて着地できます。

常に上半身を上に伸ばすような動きがスタートします。首を伸ばすことで、脇の下が張り、脇の下から肘が上げるようにします。それにつられて足が上がるようになると、動作が連続して無駄がなくなります。余計な意識をせずに、速く重心移動を行うことができます。

藤川球児投手や田中将大投手など一流の投手たちは、足がゆったり上がり、重心移動が速く、無駄がありません。彼らに共通して言えることは、投げる前の姿勢や足を上げるとき、体重をかける一連の動作がつながっています。このスムーズな動作によって、速くてキレのある球を投げることができます。

足を上げるときに一つ注意点があります。それは、足を上げたときの両肩の位置です。両肩の位置は後ろに落ちないようにしましょう。後ろに落ちると上半身の重みが腰の後部に乗り、内ももの筋肉が張ります。

この筋肉が張られると、重心を移動させるとき、どうしても、軸足で蹴って移動させてしまいがちです。そうすると、前足を踏み込んだ後の腰やリリースの位置が安定しなくなります。これが、制球の乱れやスピード低下につながります。

首を伸ばし、肩を落として脇の下の筋肉を張ります。そして、脇の下から肘を上げ、足がつられるように動作を行いましょう。そうすることでスムーズに速く重心移動でき、速い球を投げることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です