太っている人、やせている人の適したバットを構える位置

バッターの構えを見ると、「腕を体から離して大きくしている人」と「腕をたたんでとコンパクトにしている人」がいます。

構えが大きすぎても小さすぎてもそれぞれ短所があります。インコース、アウトコース、両方の球に対応するためにはそのちょうど良い構えの位置を見つける必要があります。

どの構えがあっているのか、野球の世界ではあまり区別されていません。自分の中でしっくりくる構えの位置を見つける必要がありますが、何も知識を持っていないと適した位置を探すのが困難です。

ここでは、バットの構え方と胴体の関係について説明し、弓道の世界でわかっている姿勢の観点から、体格別にあったバットの構え方を解説していきます。

 バットの構えと胴体の関係
自分の体を軸とし、腕とバットがつながっているとします。このとき、主なパワー源は軸にある下半身です。もし、腰を一定の回転で回すとなると、腕を伸ばして、バットを回転の中心軸から離すほど、遠心力がかかり、バットのスイング速度が大きくなります。

しかし、あまり腕を伸ばしすぎると下半身に負担がかかり、腰の回転が遅くなります。

逆に腕を胴体に引きつけすぎると、遠心力が下がり、スピードが遅くなります。それだけではなく、回転に必要な力が小さすぎて腰の回転がなくなり、やはりパワーは減ります。その結果、スイングの速度が力のわりに上がらなくなります。

このように、バットと胴体が遠すぎても近すぎても、パワーがスイングに伝わりません。そこで、個人の骨格に合わせた構えの位置を見つける必要があります。

 太っている人はやや遠目に、やせている人は寄せ気味に構えると力が発揮できる
その人の胴体によって、力が最大限発揮される角度が違います。そのため、体格別によって力を発揮しやすい位置を理解しておく必要があります。

ここでは、太っている人とやせている人の場合で考えます。太っている人の場合はやや腕を遠めに構え、やせている人は寄せ気味にバットを構えるようにしましょう。すると、下半身で生み出した力が上半身に伝わりやすい姿勢になります。

この理由は、太っている人とやせている人の背骨にあります。太っている人は姿勢がやや屈んでいるので、腕を前方に伸ばしやすいです。やせている人より構えを少し大きめにとると良いでしょう。つまり、太っている人は腕をやや伸ばし気味にするとパワーをバットに伝えやすいです。

一方、やせている人は背骨が反りやすいため、胴体から腕が遠くなると、反った背骨に負担がかかります。そこで、胴体と腕の間隔を近くすれば、背骨を真っ直ぐに整えやすくなり、姿勢が保たれます。

弓道の世界でも同様に、弓を構えるとき、太っている人とやせている人では構えるときの腕の位置が違います。太っている人はやや伸ばし気味にして、やせている人は腕を体に近づけるようにします。

そうすると、腕と肩関節のつなぎ目についている上腕、下腕のバランスが保たれ、キレイに弓を引くことができます。

野球の指導では、「脇を締めて打ちなさい」とよく言われます。ただ、脇を締めるための最初の構えの位置はみな違います。

「おかわりくん」の愛称で有名であり、体の大きな中村剛也選手は、ボールをとらえるとこまで脇を空け気味にしています。胴体が大きい場合は、大きく構えた方がスイングするときにうまく腰の回転が伝わります。

自分の体格に合わせて、最適な構えの位置を見つけましょう。そうすると、今よりも無駄のないキレイなスイングを身に着けることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です