野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念

野球ではボールに力を伝えるために、打つときや投げるときの姿勢が大切です。野球の世界では「軸」という言葉を使って、打つとき投げるときのフォームが説明されます。

投手として有名なダルビッシュ有投手は、日本球界を二刀流で盛り上げた大谷選手のピッチングを見てこう評価しました。

「末端部の力で投げているので、中心の軸からパワーが出るようにしないと後で打たれてしまう」

このように野球の動作には軸と言われるものがあります。この「軸を使って打て」の軸とは、何かわかるでしょうか?。軸というのは、明確に何を言い表しているのかわかりにくいものです。

ここでは、野球の動作における軸の大切な部分とうまく軸を働かせる体の使い方を紹介していきます。

上半身は動かすものではなく、下半身のパワーによって動かされるもの

プロ野球でバッティングフォームがキレイな人たちは何をキッカケに上半身を動かしているのかご存知でしょうか。多くの人は、上半身をねじるときの背中の力や肩の力で動かすことができます。

しかし、プロのスイングを実際に見ると、ほとんどが脚の力をうまくつかっています。脚に一度体重を乗せて、下半身のパワーを腰や肩に伝えているのです。

例えば、世界で最も本塁打を打った打者として王貞治選手がいます。王選手がピッチャーが振りかぶり、脚を上げると、軸足にきちんと体重が乗り、背骨から腕の力は力んだ状態で静止します。広島東洋カープで天才と呼ばれた前田智則選手も脚を上げて、軸足に体重が乗ると、上半身を少し丸め、背中の筋肉をゆるめた状態で静止します。

投げるときも肩をひねる前に地面についた脚に体重を乗せています。歴代の日本人投手で通算200~300勝以上上げた投手は皆、脚を上げたときに、もう一方の脚に最大限体重が乗り、お尻を打者に見せるような恰好になります。

このような、打者と投手の動きを見ていると、バッティング・ピッチングにおける体重を乗せる脚は非常に重要な意味を持ちます。打つときもキャッター側の足に体重を乗せて、バットを振ります。野球の動作において、上半身の動きは下半身の力が伝わって出ているものと考えられます。

つまり、軸とは「下半身のパワーを上半身にちゃんと伝えるための姿勢」を意味します。

どんなに速い動作であっても背骨に無駄なずれを作ってはいけない

野球選手の中には、バッティング・ピッチング動作がキレイな選手がいます。このような選手の共通点として、背骨を軸に無駄なねじれを作らずに動作が行えていることがわかります

例えば、巨人の主軸として活躍しツイスト打法と呼ばれた打者に阿部慎之助選手がいます。振り子打法と称され、世界の年間最多安打記録を樹立した打者にイチロー選手がいます。両者のバッティングを見ると、脚の上げ方から、トップの取り方まで異なります。ただ、二人のスイング動作には、共通した要素があります。

それは、インパクトに入る瞬間までのスイング動作が胸が前方に開かず、背骨にねじれなくスイングが行えていることです。両者ともにスイングを行う際は、膝と腰と肩の位置がねじれず、同じ位置に残ります。これによって、バットは背骨を軸に、投手であれば、腕が背骨を軸にキレイに回転運動をなします。そうして、速いスイングスピードや球速を手に入れることができます。

例えば、バッティングのフォロースルーがとてもキレイな人や、ピッチングの腕の振り出しがキレイな人がいたとします。その人のフォロースルーや、腕の振り出しだけ真似をしても、動作をコピーすることは難しいでしょう。なぜなら、無理なく、腕の力みなくスイング動作を行うための基礎は、「フォロースルー」ではなく、背骨のねじれがなく回転運動が行えるからです。

球界で活躍されている選手の、トップの位置やフォロースルーは、自然と表れているものであることが強く推測されます。そうであるために、バッティング動作の参考にした方がいる場合、他人の特徴的な動きよりも、下半身に注目する必要があります。

つまり、背骨を軸に、キレイに回転運動が行えているバッターは、インパクト時(ボールをとらえる瞬間)からその後にかけて、下半身が大きく動きません。もしも、背骨にねじれが出ている場合は、投手寄りの足が前方に出すぎたり、逆に後ろに重心が乗りすぎます。こうした欠点を減らしていくことで、バッティング動作におけるキレイなスイング軌道や軸が形成されていきます。

守る・走る動作においても、背骨のズレは消していかなければいけない

あるいは、野球では、走る・守るといった別の運動があります。こうした運動であっても、背骨のズレをなくすことを意識していかなければいけません。逆にいえば、背骨のズレをなくした運動をなくしていくことで、野球におけるパフォーマンス向上を期待できます。

例えば、走塁においては、「最初のスタート」で多くの人は肩に力が入ります。あるいは踏ん張ろうとして、脚に力を入れます。しかしこのように肩や脚に力が入ると、背骨がずれてしまい、次の動作で背骨周りに大きく力みが出てしまいます。

そこで、走塁におけるスタートは口を軽く開けて、腕もリラックスして、「軽くスタート」するくらいにします。一度体の重心をずらしていけば、速く加速がついて、盗塁や走塁動作で楽に速く行えるようになります。つまり、走塁や守備であっても、変に力を入れる瞬間をなくしていけば、背骨がズレ、軸がぶれることがないため、楽に行えるようになります。

武道の本質は動作中の背骨のズレをなくしていくこと

弓道の世界でも同様に、弓を引いて矢を放つ動作があり、このときの放つ動きがとても鋭く、見ていて迫力のある射手がいます。知識がある人はその動作をみて、弓の握り方や押し方、引くときの右拳のひねり方を考えて、鋭い出し方を研究します。

しかし、そうした小手先の工夫では、鋭く矢を放つ右拳の動作はできません。なぜなら、これらは腕の力や押し方ではなく、背中と脚の筋肉で決まるからです。

いくら腕の動きや動作を真似しようと「腕」を研究しても、意味がありません。その腕の働きを出すための「内なる力」を生み出す背中や脚の力の出し方を真似しないと、同じように鋭い放つ動作は出せないのです。

下半身の力を上半身にうまく使える姿勢の作り方

そのため、あらゆる動作をキレイにするためには、下半身のパワーを上半身にうまく伝える体の使い方を行うことが必要です。

野球のバッティングの説明を見ると、「ためをつくりなさい」や「股関節から体を回転させるようにしなさい」というように、下半身の力の入れ方を説明しています。

ただ、このように「ためを作ろう」としたり、「股関節を動かそう」とすると、かえってスイング動作が悪くなる可能性があります。理由は、「ため」を作ろうと頭で考えると、胸郭や頭部の位置といった姿勢が崩れるからです。あるいは、「股関節を動かそう」として、変に太ももの付け根を張って、下半身に力がはいってしまうからです。

もし、あなたがバッティング動作で悩まれている場合、こうした「股関節」などの一部分に力を入れることを一切やめるようにしましょう。そうそのため、下半身の力を上半身に伝えやすい姿勢を作ることが大切です。

上半身の体重を乗せるためには、弓道の世界で「胴づくり」という体の使い方をします。これを行うと上半身の無駄な力みがとれ、上半身の体重がしっかり下半身にのります。

胴づくりの方法は「首を伸ばし、肩を落とす」ことです。指や腕に無用な力を入れずに、首を真上に10㎝上げる気持ちで伸ばし、両肩を楽にする心もちで落としましょう。

あなたが右バッターであれば、左肩を落とし気味にしましょう(左バッターは右肩を落とし気味にしますが、傾くくらい落とさなくても良いです)。そして、左肩を巻くようにすこし前方に置くと、野球の動作ではなおよいです。

そうすると、胸周りが楽になるはずです。この状態で、バットを軽く後ろにひきつけ、「腰で回転させようとか」、「股関節の動きをどうしよう」などを考えずに、バットを引いたと同時にポンと振りましょう。

そうすると、軽い力でボールが飛んでくれます。

ピッチャーの場合も同じように、構えるときには首を伸ばして肩を落としましょう。胸が楽になったら、上半身が下半身にしっかりと体重がのります。

このように、上半身にあまり変な力みをかけない状態でスイング、ピッチング動作を行えば、上半身が下半身と連動しやすくなります。股関節や腰など目に見えない部分を動かすわけではないので、簡単におこなうことができます。つまり、野球の打つ・守る・投げる・走る動作の4要素に共通する基礎として、「背骨のズレ」を極限までなくし、軸をブラさないことを強く意識するようにしてください。

あるいは、背骨のズレをなくすことは、何も野球に限らず、全てのスポーツ動作に言えることです。各スポーツで主要となる動作を野球に照らし合わせ、研究するようにすると、スポーツパフォーマンス向上に大きく貢献します。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です