盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方

ピッチャーの実力を引き出すためには、キャッチャーの役割は重要な意味を持っています。

その中で、キャッチャーには「ランナーの盗塁阻止」という仕事があります。走ってきたランナーをアウトにできればチャンスをつぶすことができ、ピッチャーの負担も減ります。

盗塁を阻止するためには速い球を投げることが重要です。しかし、もっと大切なのはキャッチしてからの動作です。クイックモーションを今より速くすることができれば、さらに阻止率を上げることができます。

ここでは、キャッチャーが捕球後の動作を速めるための体の使い方を紹介していきます。

 腕を伸ばさない
キャッチングをするときに「腕を伸ばしなさい」と説明する人がいます。理由は腕を伸ばした方が、捕球音が良くなるからです。

捕球音が良いと、投手は適切なボールを投げれていると思います。そのため、捕球音にこだわる捕手は野球界にたくさんいます。

しかし、腕を伸ばすと、重心が後ろに落ちやすくなります。キャッチャーはただでさえ、坐った状態の重心が後ろにいきやすい姿勢です。腕を伸ばしてキャッチングすると重心が後ろになりやすく、次の動作が遅くなってしまいます。

ピッチャーに気持ち良く投げさせるのは大切です。しかし、動きやすい姿勢を作ることはさらに重要なはずです。

 ランナーが走ったら、脚ではなく左脇から前に出る
ランナーが走ったとき、捕球してすぐにランナーの進行方向に投げなくてはいけません。そのときに、速く投げる体勢を作る必要があります。

盗塁してきたことを確認したら、少し左脇の下を張るようにミットを前方に出すようにしましょう。あまり脚を動かそうとせずに、「押す」気持ちで左脇を出します。すると、最初の一歩目を出しやすくなります。

元ヤクルトスワローズの古田敦也選手は、高い盗塁阻止率を手に入れる理由を「ピッチャーが投げる瞬間に左足を前に踏みこむから」と話していました。

ただ、この方法をやろうとすると、キャッチャーミットがぶれてしまう可能性があります。ピッチャーからすると的が動いてしまうため、コースをはずす危険性があります。

そこで足を動かすのではなく、左脇を少し前に出しましょう。すると、キャッチした後の「一歩目」を踏みやすくなります。さらに、キャッチした後に左肩が前に出るため、投げる方の手に力を入れやすい姿勢になります。

ここで脚が無駄に動くと、反応やクイックモーションが遅れます。そのため、盗塁を阻止するためのスローイングは、脚を動かすのではなく、脇から前に出すようにしましょう。足を動かさなくても自然と左足が前に出ます。

 

状況によっては、ピッチャーがショートバウンドの球を投げてしまう場合があるでしょう。すると、「ボールと捕る」ことに意識が行ってしまい、重心が下がります。その結果、投げるのが遅れてしまいます。

しかし、左脇から前に出ようとすると、体を前に勢いをつけながらショートバウンドを捕る体勢になります。
すると、ショートバウンドによる捕球であっても、すぐに投げる動作に移ることができます。

ショートバウンドで盗塁を阻止できたなら、試合の流れは大きく変わります。少々リスクを抱えますが、成功すれば、ピッチャーのミスをなくしてアウトをとることができます。試合の流れを変えるビッグプレーになるかもしれません。

キャッチングでは「手」や「腕」を意識するのではなく、「脇」を前方に出すようにしましょう。捕球後の動作が速くなり、盗塁阻止率を向上させることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です