野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる

バッティングの動作は「股関節」を使って説明されます。股関節が使えていると、腰の回転が速くなります。すると、ボールを投げたりバットを振ったりする動作を下半身の力で行うことができ、パフォーマンスを向上させることができます。

一流選手のフォームを見ると、股関節周りがしっかり使われているのがわかります。そのため、「股関節が動作に良い影響をもたらす」という説明自体は正しいです。しかし、むやみに股関節を意識しすぎると、かえって野球の動作に悪影響をおよぼします。

ここでは、股関節を意識しすぎることによる悪影響と正しい使い方について解説していきます。

 股関節を意識しすぎると上体がぶれやすくなる
股関節の使うとき、「骨盤を前傾させましょう」とよく説明されます。前傾させると、股関節周りの筋肉を使いやすくなるからです。

股関節を前傾させると、お尻や太ももの裏側の筋肉が動きやすくなります。プロの選手があえて重心を低くしてボールを投げたり股関節周りの筋肉を鍛えたりしているのは、より股関節周りの筋肉を使って動作を行いたいからです。

さらに、骨盤を前傾させることで、股関節が内側に向きやすくなります。すると、プロ野球選手が行っている動作と見た目が近くなるため、理想的なフォームに近づくことができます。

しかし、股関節を前傾させると「背中」と「ももの内側」の筋肉も一緒に張ってしまいます。この二つの筋肉が張ると、上体の崩れや打つ・投げるの動作に無駄が出てしまいます。

背中の筋肉が張ると腰が反り、胸は張られます。すると、動作中に胸や腕に力が入ってしまいます。その結果、上体の姿勢を保つための腰がぶれやすくなってしまいます。

ももの内側の筋肉が張ると、軸足を蹴らないと前足は上げられなくなります。すると、動作に無駄が出てしまい、上げる位置や高さが安定しなくなります。その結果、フォームの崩れにつながります。

ただ、例外はあります。バッティングにおいては、前足をひきつけすぎると軸足の体重が外側に移ります。その結果、バットを振りやすくなります。元巨人軍の長距離打者である松井秀喜選手は、このフォームで結果を残していました。しかし、このような内また気味のフォームを後から変更することで、成績はさらに向上しています。

骨盤を前傾させることで胸が張り、プロの投手と同じように胸筋に力が入ると分析されています。しかし、胸は張るものではなく、ピッチング動作の過程で自然とそうなるものです。

実際に一流投手のフォームを見ると、最初は胸周りがリラックスしています。その後に、重心移動が起こって腰が回転したと同時に胸が張られます。むやみに自分で胸筋を先に張ってしまうと、投げる動作で下半身を使えなくなってしまいます。

同様に股関節も自分で向けるのではなく、動作の過程で自然とそうなるものです。自ら意識して内側に向けるのではなく、自然と向くようにしなければいけません。

 股関節を動かしやすくする姿勢をとる
そのため、股関節を前傾させるのではなく、動かしやすくする姿勢を作る必要があります。

そのために、背中の緊張を和らげることが大切です。これを実現するため、首を伸ばして肩を落としましょう。すると、上半身の緊張がほぐれます。

ここで、「骨盤を前傾させた姿勢」と「背中の緊張を解いた姿勢」で左右の股関節を後ろに引いたり出したりしてみてください。また、足の裏が浮かないように、左右の股関節を前後に動かしてみてください。すると、背中の緊張を解いた姿勢の方が股関節を動かしやすいことがわかります。

この姿勢で動作を行えば、股関節は自然と内側に向きます。バットをひきつけてタイミング合わせたあとにポンと振れば、股関節は勝手に内側に動くようになるでしょう。この姿勢で大きく振りかぶって投げれば、股関節が素早く回転します。

このように、股関節を動かすのではなく、上半身の姿勢を整えて動かしやすい状態を作りましょう。すると、今よりも野球の動作が楽に速く行うことができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です