正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方

野球の試合に勝つ上では「打つ」「守る」だけではなく、「走る」ことを勉強することは重要なことです。

ヒット一本でも盗塁に成功すれば、攻撃の幅を広げることができます。バントでチャンスを広げることもできれば、走らせてヒッティングをしかけることもできます。

甲子園で毎年勝ち残っていく高校は比較的走る技術が高いです。野球において走塁はとても重要な意味を持っています。

ここでは、今よりも走塁技術を上げるための脚の使い方を解説していきます。

 上体の軸を作り、右足を抜くとスピードが速くなる
盗塁でスタートを切るとき、多くの人は左足で蹴って加速をつけます。しかし、それでは蹴った分だけスタートが遅れてしまいます。そこで、左脚を使わず、上体の軸と右膝の使い方で今より速い走り出しを身につけましょう。

まず、上体の軸を作ります。自分にとって、一番上半身が落ち着く位置で構えます。その状態で、少し首をななめ上方に伸ばしてください。走塁で構えるときは体が屈むので、その方向に首を伸ばす感覚です。

そして、肩も少し落とし気味にしてください。すると上半身に無駄な力みが消え、胸周りの緊張がほぐれます。これで、上体の軸は完成します。

このような首と肩の使い方を続けて、リードを取りましょう。そして、走る瞬間は左足をけらないようにします。右膝の力を抜いて、膝を外側に向けてください。すると、自然と上体は行きたい方向に向きを変えます。

上体が右方向に傾いたら、体重の重みを右腰に集中させるように乗せましょう。右膝を地面に突き刺すように、ななめ下に力をかけるとうまくいきます。すると、膝を外に向けた瞬間、加速が一気につくようになります。

これにより、左脚をけらないで、右ひざと上体だけでスムーズに速くスタートを切ることができます。この走り方を身につければ、今よりも盗塁のスタートとスピードが速くなります。

 軸ができていないと素早く動けない
この走法には注意点があります。それは、「上体の軸がしっかりできていないと、身につけるのが難しい」ことです。

上体の軸とは、「右を意識した瞬間に全体が向く」ように上体を整えることです。この軸がしっかりしていないと最初の助走がつきにくくなります。

物理的に考えると、人間は二本の脚で上体を支えています。このうち、右脚をとってしまえば、上体は右に傾きます。これが、盗塁でいう最初の助走になります。

上体がしっかり立っていなければ、右脚が抜けても傾くときに勢いがつきません。そのため、盗塁における上体の軸はとても重要な意味をもっています。

まずは、首を伸ばして肩を落とすことで、上体の軸をしっかり整えます。そして、スタートするときは右膝の力を抜いて、足を外側に向けましょう。すると、スタートのスピードが向上し、盗塁の成功率や走塁技術が格段に上がります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です