一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには

ピッチャーが打者を打ち取るためには、ストレート以外にいくつか変化球を取得する必要があります。

多くの人は「カーブ」から変化球を教わります。なぜなら、原理がわかりやすいからです。「回転をかける→曲がる」とイメージしやすい変化球であり、使い方は腕を曲げるように投げるだけです。やり方がわかりやすく、取りかかりやすい変化球といえます。

しかし、一番怪我しやすい変化球は「カーブ」です。腕を曲げているだけと単純に考えていると、肘を痛める可能性があります。

ここでは、カーブを投げるときの腕の動きから、カーブが怪我をしやすい理由を解説していきます。さらに、腕に負担がかかりにくいカーブの投げ方を説明していきます。

なぜ、カーブは一番怪我しやすいのか?
人間が投げる動作をするとき、リリース時に手の甲は上に向いています。このとき、腕を振り下ろすと自然と手の甲は内側に向きます。そのため、投げるときに、手の甲が内に向くように投げられる変化球は腕に負担がかかりにくいです。

しかし、カーブを投げるとき、自分から見て時計回りに回転をかけないといけません。すると、自然と腕が向く方向と逆向きにしないと回転をかけられません。

つまり、カーブが変化球の中でも腕の使い方が不自然です。もし、無理して腕を曲げて投げていると、不自然な腕の使い方になってしまうため、肘や肩に負担がきてしまいます。

腕に負担なく投げる指の使い方
そのため、カーブを投げるときに腕に負担がこないように、指を使う必要があります。ここでは、腕に負担がこない指の使い方を紹介します。

ポイントは2つあります。一つは「小指、薬指を握る」ことです。そしてもう一つは「回転をかけるときは、中指と親指ではじく」ことです。

小指と薬指を握ると、小指側の腕についてある下筋が張ります。この筋肉が張ると、腕を振り下ろすときの軌道が変わります。また、小指と薬指を握ると、手の甲が自然と外側に向くように振り下ろすことができます。そうすると、回転をかけながら腕を振っても負担がこなくなります。

この状態で、ボールを握ります。後は腕に任せてストレートと同じ感覚で腕を振ります。回転をかけるときは、肘や手首をひねる必要はありません。回転は中指と親指ではじくようにすれば、自然とカーブが投げれるようになります。

 

ちょうど、投げる瞬間に中指と親指でパッチンをするようなイメージです。すると、ボールに回転がかかり、キレイな放物線を描いて、ボールが飛んでいきます。このように、振り下ろすときの手の甲の向きを指で調整してあげると、カーブを投げやすくなります。

もっと負担なくカーブを投げたい場合、投げる瞬間に中指と親指ではじくのではなく、「薬指をより強く握るだけ」という方法もあります。 これだけでも球が曲がる理由は薬指を握ると中指も一緒に動くからです。薬指は中指と同じ神経で支配されているため、中指を意識して動かそうとしなくても薬指で動かすことができます。

私自身、カーブを投げるときは薬指を握って試したこともあります。薬指は力を入れにくいため、最初に実践するときは難しいかもしれません。そのため、中指と親指ではじくように回転をかけることから始めるのが得策でしょう。

カーブを投げるときは、小指、薬指を握ってカーブの投げやすい腕の振り方にしましょう。そして、中指と親指をはじくように回転をかけると腕に負担なく、大きく曲がるカーブを投げることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です