腕の仕組みから考える投げやすい変化球

ピッチャーとして実力を向上させるには、ストレート以外に変化球をいくつか取得しておく必要があります。

変化球では変な腕の使い方や曲げ方をするため、怪我をしてしまう可能性があります。小、中学生の場合は筋肉や骨が発達してない状態で変化球を覚えないといけません。そうすると、腕を痛めて自分の思った通りに投げられなくなってしまう可能性があります。

そのため、変化球を覚えるには、腕の負担が少なく投げれる球種からを身につけるようにしましょう。そうすれば怪我のリスクなく、かつ実践にも使うことができます。

ここでは、腕の仕組みから考えて「負担なく投げれる変化球」を紹介していきます。

腕や手首のことを考えずに投げれる「チェンジアップ」
プロ野球の世界でも、決め球として用いられているものの一つとして「チェンジアップ」があります。変化の特徴はストレートよりも少し遅く、フォークのようにゆっくり落ちていく変化球です。

投げ方としては、ボールを五本指で包み込むようにつかんで、中指と薬指の間隔を少しだけ空けるようにします。後は、ストレートと同じ腕ふりで投げるだけです。

そうすると、ボールがゆっくり落ちていきます。投げると自然とにシュート回転がかかるため、少し右方向にスライドしながら落ちることもあります。

おそらく、これが最も小中学生にオススメできる変化球です。変化球と言われると、そのほとんどが頭で考えながら手首や肘を変な方向に曲げようとしてしまいます。

例えば、カーブでは、手首を無理に曲げようとします。スライダーだと指に力を入れてしまいます。すると、腕に負担がかかって怪我につながります。

しかし、チェンジアップは変化させる要領が「指の握り方」だけで決まってしまいます。ひねったりねじったりと、回転をかけようと意識しなくても投げることができます。また、なるべく回転をかけないようにするため、指先を力ませないで投げられるのもチェンジアップの利点です。

初めて変化球を学ぶ人やもう一つ何かしら変化球を持っておきたいと思う人など、チェンジアップはいろいろ人に役に立つ変化球といえます。

腕の振り方から一番負担のない「シュート」
腕の振り方から、一番負担なく投げれる変化球としてシュートがあります。

シュートは変化球の中でなじみも薄く、使用者が少ないです。さらに、腕を内側に回転させないといけないため、肘を壊しやすいと考えています。そのため、投げようと考える人があまりいません。

シュートはカーブと逆回転をかけます。カーブでは、腕を外側にひねって回転をかけます。それに対して、シュートは内側にひねって回転をかけます。ここで、多くの人は振る前にてのひらを真っ直ぐに向け、そこから内側に腕をひねろうとします。そうすると、内側にひねろうと意識しすぎて肘を痛めます。

そうではなく、合理的に投げなければいけません。具体的には、薬指と小指を少し握ってシュートを投げます。薬指と小指を握ると、小指側の筋肉である「下筋」が働きます。そうすると、腕を振り下ろすときにカラテチョップのようにてのひらが縦に立ちます。

振り下ろすときに人差し指に少しだけ力を入れて、縦に向いているてのひらを真っ直ぐ向けるように振り下ろしてください。そうすると、シュート回転がかかってボールが変化します。

多くの人が「シュートは怪我しやすい」と思っている理由が内側にひねらないといけないと考えているからです。投げる前、腕を外側に向けて、まっすぐに戻すように振れば、結果的に回転がかかるし、腕に負担なく投げることもできます。
 
変化球はほんの少しの指の握りを変えるだけでで投げれる「チェンジアップ」や腕に負担の少ないシュートから覚えてみましょう。これらを身につければ、長く、実践で使える変化球となるでしょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です