ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

ランナーは盗塁を決めるためには、ピッチングモーションからいち早くスタートを切らなければいけません。ただ、ここ数年でランナーがいる場面ではクイックモーションが多用されるようになったため、投球から二塁へ返球の時間が短くなってしまいました。

そのため、スタートを早く切ろうと意識しても実践に移すのは難しいです。そのため、別の方法で、盗塁するための動き出しの反応時間を短くしなければいけません。

その上で、ピッチャーの姿勢を観察することが大切です。ピッチャーは牽制をする際、必ずどこかしらにクセが出るものです。そのくせが出る場所を観察することで、牽制を投げるタイミングがわかり、早くスタートを切ることができます。

ここでは、盗塁のスタートを早くするために、ピッチャーの牽制のクセを見抜く方法を解説していきます。
 
 ピッチャーの姿勢を三分割する
ピッチャーはワインドアップ、セットポジションの構え、牽制時、投げる球種によってまったく同じフォームにはできません。プロ野球の一流のピッチャーでもすべてを同じにするのは難しいです。

ただ、ピッチャーもクセを克服しようとして意識をしており、クセを見つけるのは容易ではありません。そこで、ピッチャーの身体を頭、胴体、下半身に分割して観察するとクセを見つけやすくなります。

盗塁はピッチャーの姿勢のクセを見つけることから始めましょう。投げるときの生じるクセを見抜くことができれば、クセを見てスタートすることができます。

イーグルスで活躍した聖沢諒選手は初対戦のピッチャーの場合は牽制球をあえて投げさせるようにリードを取ります。なぜなら、投手に牽制球を投げさせることで、クセを見抜く材料となるからです。

 セットポジションの体の動きを分析し、クセを見抜く
それでは、ピッチャーの体を「頭」「胴体「」下半身」と三分割にして、具体的に牽制においてクセの出やすい箇所を分析してみましょう。

 ・頭
頭は「頭の角度」「動き」「目線」を分析します。例えば、牽制を投げるときは、頭がキャッチャー方向に向きます。ほんの少し、顔の向きが変わるとそれは牽制を投げるクセである可能性が高いです。

 ・胴体
胴体は「肩甲骨」「上体の向き」「腰の角度、働き方」を分析します。肩甲骨では形や向きに注視してみましょう。例えば、ピッチング時と比べてどちらか肩が下がっていたら牽制を投げるサインです。牽制を意識することで、目線や肘の位置や意識が変わるからです。

「上体の向き」はピッチング時と違う開き(1塁側に向いている)をしていたら牽制球を投げるサインです。体の軸が変えて、少しでも牽制球を投げるスピードを速くするためです。

「腰の角度・働き方」は腰が沈んでいると牽制球を投げる確率は下がります。対して沈まない場合は牽制の可能性が上がります。

 ・下半身
下半身は「お尻」「足の位置」を観察します。お尻は向きや出っ張りの角度を分析します、軸足側にお尻が突き出ているときは、ピッチング、踏み込み足側の場合は牽制を投げるサインです。

足の位置は「足の位置・角度」を見ます。牽制球を投げたい場合、ピッチャーのかかとは少し浮きがちになります。逆にピッチングのときは足裏全体に重心が乗っています。

このように、普段のピッチングフォームを一塁側から観察しましょう。すると、塁に出た際に頭から足までの間での変化はひとつ二つ見つけることができます。投手のクセがわかると、1、2歩スタートが早くなります。

ただ、ランナー自身でクセを見抜くのはとても困難です。そこで、あえてリードを大きくして、1塁コーチャーやベンチの選手に投手の姿勢をするようにしましょう。他の選手の角度から見てもらい、情報共有することで投手のクセを早くつかむことができます。

ピッチャーは牽制する際、必ずどこかにクセがでます。頭、胴体、下半身からクセが出る部分を観察し、牽制を投げるときのクセを見抜きましょう。クセをつかむことで盗塁スタートを早くすることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です