バッターのスイングから弱いコースを分析する方法

バッテリーにとって、配球を考えることは試合を有利に働かせるのに大切です。バッターの弱点を考慮した配球を組むことで、抑えることができるからです。

ここでは、バッターの弱点を見極めて、打ち取る確率を高める配球の組み方を解説していきます。

 バッターのスイングを見ることで、弱点が分析できる
バッターの様子や状態を見ることで、その人の弱いコースや球種を分析することができます。その中に、「スイング軌道」があります。

スイングは、バットのヘッドがトップの位置から最短距離でミートし、フォローを大きくとるのが理想です。しかし、バッターそれぞれにはクセがあるためスイング軌道は人によって変わります。簡単に変えることができないため、スイングを見るとその人の弱点が浮かび上がってきます。

例えば、バッターのクセは試合中だけでなく、練習中に観察することができます。ティバッティングや素振りのときに自分のスイング軌道は出ています。そのため、キャッチャーは試合前にバッターのスイングを観察し、コースや球種を分析することができます。

試合中では、ネクストバッターズサークルで待っているとき、バッターが素振りをしています。このときのもっともクセが出やすいです。そのクセを頭に入れておくと、攻め方が決まり、大けが(=長打)の確率を下げることができます。

 スイング軌道からそれぞれの弱点と狙いどころを分析する
ここではよくあるスイング軌道を3つ上げ、それぞれのスイング軌道の弱点と球種を分析していきます。いずれも、試合や練習で実践できるものなので、理解するとバッターの抑える確率を高めることができます。

まず、スイング軌道は「コンパクトスイング」「ドアスイング」「ヘッドが下がるスイング」の三つに分かれます。

バットヘッドがトップから最短距離でミートポイントへ移動する軌道が「コンパクトスイング」、バットへっドがトップからミートポイントまで遠回りする軌道を「ドアスイング」、バットヘッドが下がった状態でミートポイントへ移動する軌道を「ヘッドが下がるスイング」です。

次に、これら3タイプのスイングに対する弱点を分析してみましょう。スイングの軌道がわかれば、おのずと攻めるべきコースが浮かび上がってきます。

まず、コンパクトスイングはどのコースの球種にも対応ができます。目立った弱点がないため、攻めるべきコースは少ないです。ただ、コンパクトスイングはバットの遠心力がないため、長打は少ないです。そのため、自然とアウトコースを狙っていることがわかります。

次にドアスイングはヘッドが遠回りするため、インコースは詰まりやすいです。そのため、弱点はインコースになります。狙いとするべき球はアウトコース低めです。アウトコースの遅い球はスイングが合ってしまうため、注意が必要です。

ヘッドが下がるスイングは低めの球に合わせやすいのが特徴です。ただ、その分高めのボールはポップフライとなりやすいです。そのため、配球を考えるのに、高めのストレートを組むことは重要になってきます。

これらを考慮して、バッターの狙いと弱点をうまく配球を組み合わせてみましょう。その理由はバッターにとって弱点となるコースは意識しやすいからです。意識している弱点を攻めるためには、一度は得意とする付近におとりとして球を投げなければいけません。

そのため、コンパクトスイングの打者は打ち取るために、一度アウトコースの速球・変化球でカウントを取る必要があります。ドアスイングであれば、アウトコース低めに速球でボース一個はずしてファールにします。ヘッドが下がるスイングであれば、低めでかつ縦に変化するボールでうまく芯をはずす必要があります。

このように、一度狙いとなる球を投げて、カウントを稼ぎ、最後弱点のコースでアウトを取れば、バッターを抑える確率が上がります。

バッターの弱点を利用した配球はアウトを取れる確率が上がります。バッターのスイング軌道を確認し、弱点と狙いどころを分析することで、アウトにできる配球を組むことができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です