ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する

野球の世界で、バッターを抑えるために、配球を考えることは大切です。例えば、ピンチのとき、良いバッターに回ってきたときは、一球目からストライクを取りにいく必要があります。

積極的にストライクをとることによって、カウントが不利にならなくなるからです。このように、ピッチャーに負担なく、気持ちよく投げさせるには、配球を考える必要があります。そして、投手の性格や持ち味によって、バッターを抑える配球は変わってきます。

ここでは、ピッチャーの性格別にバッターを抑えるための配球を解説していきます。
 
 4種類のタイプと配球例
ここでは、投手のタイプを4つに分けて、それぞれに合った配球例を解説していきます。

 力で抑えるタイプ
 打たせて取るタイプ
 ゴロで打たせるタイプ
 フライで打たせるタイプ

力で抑えるタイプとは「豪腕」とも呼ばれ、ストレートを中心にストライクをとるタイプです。球種はそこまで多くないため、ストレートとコースに分けて配球を組みます。

ストレートの調子が悪く、制球が定まらない場合は配球が困難になるため、アウトコースや低めに集めることを考えます。

打たせてとるタイプは球数を極端に少なくして終わらせるタイプです。多くの球種を操ることで、バッターの的を絞らせません。タイミングをはずすことで打ち損じを増やし、アウトカウントを稼いでいきます。配球はボールに逃げる変化球と高めのストレートを組み合わせることが大切です。

ゴロで打たせてとるタイプはストレートの中でも「フォーシーム」「ツーシーム」「カットボール」など、数種類に投げ分けましょう。バッターの手元で微妙に変化することで、バットの芯をはずします。その結果、ゴロの打球が増えてアウトをとることができます。

フライで打たせるタイプは高い位置から投げ下ろすタイプの投手が多いです。角度が強いことを利用して、バッターがぼーるの下をたたくように配球を組みます。ストレート、フォーク、カーブなど縦の変化を効果的に使うとバッターはフライを上げやすくなります。

また、配球を考えるときに注意点があります。それは配球にこだわりすぎてバッターを気にした配球になりやすいことです。大量失点をし、打線の勢いが止まらない場合はキャッチャーとバッターの考えが同じであることが多いです。

特にバッティング能力の高い捕手は自身が打席に入ったつもりでの配球になります。こうした視点も大切ですが、ピッチャーの意思や強みを尊重することで、リスクの小さい配球になります。

ピッチャーを気持ちよく投げさせるために配る球を考えることは大切です。そのために、投手のタイプを見極めて、バッターをおさえやすい配球を考える必要があります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です