カット技術を極めるバッティング技術と考え方

バッティングにおいて、ホームランやヒットを打つ技術以外に重要な技術があります。それは「カット」する技術です。

バッターは狙い球を絞ることで長打を打てる確率が上がります。しかし、投手は狙っている球と異なる球を投げてきます。それをファールでカットしていけば、チャンスボールが生まれたり、失投を誘うことができます。

ここでは、コースと球種に合わせたカット技術を身につけるためのバッティングフォームを解説していきます。

 カット打ちの方法と考え方
狙っている球と異なるコース、あるいは球種をカットしていけば、そのうち狙い球に定めているボールをピッチャーは投げてきます。その理由はバッターの目が慣れてくるため、ピッチャーは同じコースや球種を投げ続けることにリスクを感じるからです。

そのため、バッターはカットし続けると三振を避けるだけでなく、バッテリーの配球の自由を奪います。投手の体力も消耗させることができ、狙い球に投げさせることにつながります。

カット打ちの方法はいくつか考え方があります。まず、練習ではコースと球種を限定することです。コースを限定するのか、球種を限定するかで打つ方向や手首の使い方が変わってきます。

その次に、選球の仕方です。ストライクとボールのギリギリのコースはカットするように心がけましょう。ボール気味に感じられるときもカットした方がよいです。

 コース別のカットの仕方
まず、コースを限定してカットをしてみましょう。コースは大きく分けてアウトコースとインコースに分かれます。

このときの考え方は、ボールのときのインパクトです。普段バッティングでは無意識に自分の体より前でボールをとらえています。カットするときのインパクトの位置を変えます。

打つときは、自分の体の前ではなく、体のすぐ近く、もしくは体のすぐ横でとらえるようにしましょう。このような意識でボールをとらえると確実にファールゾーンに転がります。

アウトコースではヒッティングする通常の場合と違ってとらえるポイントを少し後ろにします。インコースではカットしようと判断して引っ張るのではなく、手首をかえさないように右方向に打ちましょう。

次に球種別です。球種を限定します。球種は大きく分けて「ストレート」と「変化球」です。この場合は手首に注目しましょう。インパクトの瞬間に力を抜くようにバットを振れば、ボールはフェアゾーンに転がらなくなり、ファールで粘ることができます。

速球をカットするのであれば、打つ寸前で手首の力を抜けばボールの勢いに負けてファールになります。変化球のカットであれば、フェアグランドに飛ばないように手首を返さないようにスイングをします。

これにより、フェアゾーン以外にボールを流すことができ、もう一球打てるチャンスが生まれます。
 
 弓道の姿勢から、逆方向に打ちやすくする構え
ただ、実際にはこのようにインパクトを後ろに意識して打つのが難しいかもしれません。そうした場合、最初の構えでのフォームを少し変えて、重心移動から腰の回転を改善することでカットしやすくなります。

このときに意識することは、上半身の無駄な力みを抜いて、母指球付近に体重をかけることです。上半身は胸周りの力を抜き、ほんの少し背骨を曲げる気持ちで楽に立ちましょう。このとき、膝関節を動くくらいにほんの少し曲げるとこの姿勢がしやすくなります。

この状態で腰だけを真横に動かしましょう。すると、軸足と反対足が自然と寄せられます。この自然と足の寄り合う運動と軸を保つことができれば、球種が変わっても、落ち着いて待つことができます。

このときに、下半身に体重を乗せようとして、腰に力を入れたり、膝を曲げすぎないようにしましょう。強靭な下半身を持っていたとしても、多様な球種を持ったピッチャーと対戦すればタイミングはずされてフォームを崩されます。

そのため、自分で腰に力を入れるのではなく、自然と腰に体重が集中するように上半身の姿勢を保ちましょう。その姿勢のまま腰を真横に送れば、自然と前足がひきつけられ、バットをひきつける運動が起こります。

出塁率を上げるためには、カット技術を高める必要があります。あらゆるコースを限定し、「意識」「手首の使い方」「姿勢」を変えて、ファールで粘れるバッティング技術を身につけましょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です