変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方

野球の世界では、バッターを抑えるための変化球が数多く存在します。そして、小、中学校とはじまって間もないころは、いろんなボールの投げ方をを取得しようとしま す。

確かにこうした変化球を覚えることは実力向上につながるかもしれません。しかし、変化 球は、投げるときにあらゆる手首、腕の使い方をしなければいけませ ん。こうした腕の使い方をすると、けがを招く可能性があります。

そのために気をつけないといけないことがあります。ここでは、変化球を習得するときの注意点について解説していきます。
 
 最初の握りで姿勢が変わる
変化球にはそれぞれの手首、腕の意識の持ち方があります。例えば、カーブやフォーク では以下のような手首の使い方をするように解説されます。
 
 カーブ:親指と中指で指ぱっちんするように投げる
 フォーク;最後に手首を押し込むように投げる

 

初心者にとって、カーブやフォークを投げるときに、どのように動かして良いかがわかりま せん。そのため、最初は「指パッチン」や「手首を押しこむ」といった教えを理解する必要 があります。それを学ぶすることで、投げ方に一つ基準が出来上がるからです。

そして、何回も投げるうちに変化球を投げることに慣れてきます。だんだん、ストレートと 異なった握り方でも、力が抜けて楽に投げられるようになってきます。

こうして、練習を重ねるうちに腕の振りやリリースポイントが変わってきます。したがって、最初に変化球を投げ始めたときの握りや手首の意識の持ち方が変わらなければそれによって怪我につながる可能性があります。

なぜなら、最初の握り方が変わらないと変化球を投げるとき、腕や手首の筋肉に意識が行きがちだからです。変化球を投げるときには、腕や肘に負担が少ないことが大切です。そのため、握り方を少し変えるときには、自分の筋肉や意識の状態を把握する必要があります。

最初にストレートを投げてみましょう。ストレートはよほど投げ方がひどくないかぎりは 肘や手首に負担がありません。体の軸や胴体を使って大きく投げることができます。そのため、リリース時には、背中や下半身に意識が行きやすいです。

次に変化球を投げます。ボールに回転をかけるために握り方を少し変えます。すると、ストレートのときと比べて、腕や手首に意識がいきます。

もし、最初の構え、リリースの瞬間に手首や腕に意識がいきがちなら、握り方を少し変える必要があります。なぜなら、腕や手首に意識すると身体の重心が変化するからです。身体の重心が後ろに行くと、腕の動きが悪くなってしまい、負担のかかる投げ方に変わってしまいます。

ただ、やることは難しいことではありません。ほんの少し握る位置や縫い目のか かり方を変えることで、変化球を投げるときの腕の負担が軽減されます。

例えば、手首に意識が行きすぎる場合、少し小指と親指を寄せて、手の甲を丸くするよう に拳を作ります。このようにすると、手首が外側に曲がりにくくなります。変化球を投げる ときに、手首が外に抜けてしまう人は小指の握りを変えることで負担が少なくなります。

あるいはフォークボールを投げるとき、手首に負担がかかるようなら、人差し指を軽く曲げ て親指側に寄せてみましょう。すると、親指が手の中に入りやすくなり、手首も曲がりにくくなります。

このように、手首や肘に負担をなるべく少なくなるように、最初に少し握る位置や指の使い方を変えます。

もっとも、最初の握りで楽に腕や肘に負担なく投げられる変化球はチェンジアップです。チ ェンジアップは中指、薬指、親指でボールを握ってストレートと同じように投げるだけです。 ストレートと組み合わせて投げると緩急がつくため、試合でも有効に働きます。

変化球はその人の投げ方やリリースポイントによって適切な握り方が変わります。手首や肘に意識が行かないように、少しずつ指の位置を変える必要があります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です