ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは

野球の世界で、ピッチャーの制球力が高ければ、ピンチを迎えたとしても最小失点で抑えこむことができます。ただ、やみくもに投げ込み量を増やしても、制球力が上がるわけでもなく、コンディションが悪ければ、制球にずれが生じることもあります。

そこで、制球力で安定させるためには、投球フォームが重要になります。制球力のよいピッチャーのフォームを分析しすることで、コントロールを高めるための姿勢を身につけることができます。ここでは、ピッチャーの制球力を安定させるフォームとその矯正法を解説していきます。
 
 制球力が安定しているピッチャーを軸と重心移動から理解する
コントロールの良いピッチャーの特徴として、重心移動が挙げられます。具体的には、足を上げた際に軸足に重心を乗せてまっすぐに立ちます。そして、投げる際に重心が突っ込まないようにして、リリース時は前足に重心を乗せます。

この中で、足を上げるときに軸をまっすぐ保つことは意識することである程度は改善できます。しかし、人によって得意不得意が出てくるのは、投げる際の重心移動です。その人のフォームによって前に重心が行きやすい人とそうでない人が出てきます。

重心が前に行きすぎることで、投球フォームが崩れます。具体的には「」「」「足を上げたときの軸足」に現れます。

重心移動が速すぎたり前に行きすぎると、ピッチャーは胸の開きが速くなります。上半身が開きが早いと、下半身にしっかり上体が乗らないため、上体が崩れやすくなってしまいます。その結果、コントロールが悪くなってしまいます。

あるいは、重心移動が前に行きすぎることで、腰の回転が適切に起こらなくなる可能性があります。投げるときに腰がしっかり回転しないと、下半身の力がうまく上半身に伝わらないため、フォームが崩れてしまいます。

また、フォームが安定しているときは、軸足がマウンドについています。重心移動や身体の開きが早いときは軸足がつかなくなってしまいます。すると、踏切が雑になってしまい、ピッチングモーションが崩れ、ますますピッチングの質が下がってしまいます。

そのため、重心移動が前に行きすぎないように、踏み込んだ足にしっかりと止まらないといけません。ピンチを招いたときに緊張によって身体が硬直してしまいます。そのときに、フォームが崩れて、制球が乱れないように心掛ける必要があります。

 制球力を上げるためのフォームの矯正法
そのため、コントロールが悪くならないよう、ぶれない軸と適切な重心移動を心がける必要があります。体幹トレーニングによって胴体の筋力を上げる、呼吸を行い精神を落ち着かせることで、姿勢が崩れにくくなり、制球力を高めることができます。

また、このほかに試合中にフォームを矯正することもできます。それは、リリース時にグラブを胸に当てることです。これによって、ピッチングフォームを安定させることができます。

誰でも身体のバランスが崩れて制球が定まらないときがあります。そのときにリリースの際にグラブを胸の真ん中に当てます。すると、上体の開きが遅くなります。これによって、フォーム全体のバランスが整って安定させることができます。

これは、元ヤンキースの伊良部秀輝氏がチームメイトであったクレメンスから聞いたフォームの改善法です。グラブに手を当てることで、自然と上体の姿勢が整うので、即効性のある方法といえます。

ピッチャーの制球力が高ければ、どのような状況でも失点を最小限に抑えることができます。まっすぐに軸を整え、重心が突っ込まないフォームを身につけることで、コントロールを高めることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です