ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには

試合でヒットを打たれて走者を出してしまった場合、盗塁をされる可能性があります。ここでランナーに盗塁を許してしまうと、さらにチャンスが広がってしまいます。そのため、牽制を仕掛けてランナーの盗塁を阻止する必要があります。

ただ、ここでランナーの姿勢を見れば、走者の心理を読むことができます。そこで球威のある牽制ができれば、ランナーの逆をついてアウトにすることができます。ここでは、「ランナーの姿勢を見て、牽制でアウトにする方法」を解説していきます。
 
 ランナーの重心から、盗塁の意思を読む
1塁ランナーは盗塁で素早いスタートをしたいと考えるため、リードをとったときに少し姿勢が変化します。それは、「重心」です。

ランナーが一塁から離れたとき、牽制を警戒してリードを小さくするなどしますが、体の重心が一塁側にやや傾きます。これは、心理的に「1塁に戻りたい」と感じているからです。

そして、牽制をかけたりバッターに2,3球投げたりすると足に自信のあるランナーであれば、盗塁を仕掛けようと考えます。

すると、ランナーの重心が2塁側に移ります。これは、少しでもスタートを早くかけたいからです。この重心の位置を見極めることができれば、ランナーを牽制で刺すことができます。
 
牽制されないとランナーが決めつけた場合は、ピッチャーがモーションに入った瞬間にスタートをします。つまり、牽制の動き出しでランナーはスタートしてしまいます。さらに、重心が二塁方向にかかっていると、たとえリードが小さくても帰塁できないことが多いです。

実際に私も経験したことがありますが、重心が2塁方向にかかっていると短いリードでも刺される可能性があります。それだけ、ランナーは自然にかけている重心や自分の姿勢を正確に知っておかなければいけません。

元メッツの吉井理人投手は無意識に移動している重心を見極めて、ランナーを牽制で刺していました。それまで左足にかかっていた重心が2塁方向に移っていたらベンチから盗塁のサインが出ていた可能性が高いです。

ランナーの重心は盗塁のサインで無意識に移動してしまいます。重心が2塁方向に移れば、たとえリードが小さいとしても、重心の方向と逆方向の動きには時間がかかります。

 ランナーの重心がわかる部分を理解する
そのため、ランナーの姿勢を見て、重心が移ったのかどうかを見極める必要があります。人それぞれですが、ここでは重心が移ったときに特に変化しやすい体の部分を紹介します。

まず、身体の軸となる「体幹部」があります。上半身が開き気味になっていたら、盗塁する可能性が上がります。また、その姿勢のままではベースに戻るのも時間がかかります。

そのほかに、「」と「」があります。膝が2塁方向に傾いているとき、または1塁側の足の小指が浮き気味になっていたら重心が2塁側に傾いている証拠です。

ただ、盗塁がうまいランナーはこの姿勢の変化は起きません。上半身の力みをとってゆったりとリードをとり、スタートするときに足でけりません。二塁側のひざの力みをとって瞬間的に上半身の体重を二塁側に落とします。これにより、瞬時に加速することができるのです。

ただ、通常のランナーは「盗塁したい」と感じたら重心が自然と二塁側に傾きます。投手は姿勢の変化を読むことで、牽制でアウトにすることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です