ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法

野球の世界でピッチャーが最も投げやすい球は「ストレート」です。試合中に速くてキレのあるストレートによって、きわどいコースで三振をとっているシーンはよく見かける光景です。

ただ、ストレートだけではバッターに打たれやすいため、いくつか変化球を他に取得しなければいけません。しかし、すべての人が変化球を早く身につけられるわけではありません。やみくもに変化球を覚えようとして手首や肘を変な使い方をすると、怪我のリスクを高めてしまいます。

しかし、野球の世界では、ストレートさえ投げることができれば、ちょっとした工夫であらゆる変化をボールに持たせることができます。すると、バッターのタイミングや姿勢を崩すことができます。ここでは、ストレートだけでバッターの姿勢を崩す変化球の投げ方を解説していきます。
 
 縫い目を変えれば、バッターの的をはずすことができる
ストレートはバッターに対して、糸を引くようにまっすぐな軌道を描いて飛んでいきます。しかし、これではバッターに軌道を読まれ、タイミングを合わされてしまいます。

ただ、ストレートの握りと投げ方をそのままにして、ちょっと工夫するとボールに変化を持たせることができます。それは「縫い目」を変えることです。

まず、一般的にストレートは4本の縫い目に指をしっかりかけるように握ります。これは「フォーシーム」と呼ばれ、少年野球のころからきれいなストレートを投げるために、コーチにこのような握り方を教えられることがあります。

バッターの姿勢を崩すストレートを習得したい場合、この4本の縫い目から、2本の縫い目に指を添えるようにしましょう。この握りでそのままストレートのように投げるとバッターの手元でシュートの軌道で変化します。

これは、「ツーシーム」と呼ばれる変化球です。日本のリトルリーグや高校野球ではストレートをフォーシームの握りをよく教えられますが、大リーグではストレートをツーシームの握りで教えられます。

ツーシームで握ると、バッターの手元で少し変化するため、バットの芯からずらすことができます。さらに、同じ投げ方で軌道を変えられるので、習得しやすい変化球といえます。

さらに、ボールの中心から少しずらして握るようにします。これは「カットボール」と呼ばれる変化球です。この握りでストレートと同じように投げると、空気抵抗によってバッターの手元で鋭く変化します。

フォーシームの握り以外に、ツーシームとカットボールも取り入れると、同じ投げ方で3つの変化球を取得することができます。バッターの手元で変化する球であり、姿勢やタイミングを崩すことのできる有効な手段といえます。

元レッドソックスの渡辺俊介投手は上記のように縫い目の向きを利用して、指の引っ掛かりを変えていた投手の一人でした。右投げアンダースローなので、縫い目が右に来るように指をかけると、ボールは浮き上がりながら右方向に変化する軌道になります。

逆に縫い目が左に向くようにかけると、浮き上がりながら左側にカットボール気味の軌道になります。このように、同じストレートでも微妙にバッターの手元で変化をつけて、打ちとるピッチングを実行していました。

野球の世界でストレートだけでは、バッターに打たれてしまいます。そこで、縫い目を変えて「ツーシーム」と「カットボール」を取り入れると、同じ投げ方で3種類の変化をつけることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です