姿勢から考える膝の痛みの正しき対処法

ランニングする人で膝痛をもっている人はたくさんいます。そのため、膝の痛みを予防することは重要です。

膝を痛める理由は、「走っているときの膝の向きが良くないからである」とよく説明されます。

膝の向きが内向きや外向きのまま長時間走っていると、膝にかかる負担が偏ってしまい、ケガにつながるからです。

ただ、この説明を真に受けて膝の向きをそろえようとすると、思わぬ怪我を招く可能性があります。ここでは、その痛みを生じる理由とそれを防ぐ膝の使い方について解説していきます。

 ランニングによる膝の痛みの原因は腰回りの筋肉が緊張するから
ランニングの膝の痛みは、膝周りの筋肉に負担がかかって、起こるのではありません。原因は膝以外にあります。それは、膝以外の筋肉が固くなり、上体を支えられなくなってしまうことで生じます。膝で重みを受けるようになり、結果として痛めてしまうのです。

そのときに重要なのは、腰回りの筋肉の緊張です。腰回りには上半身の姿勢を保つための筋肉があり、ランニングの動作でも大切です。

腰周りの筋肉が固くなると、上半身の重みを支える部位が膝にかかります。これによって、膝が痛くなります。つまり、腰回りの筋肉の緊張が膝の痛みに繋がります。

こういう現象は、膝関節を一つの方向に向けようと意識したときも起こるときがあります。

例えば、膝関節を真っ直ぐに向けることを意識して走るとします。すると、向きを気にするため、自然と膝関節が曲がり、膝が左右にぶれにくくなります。しかし、膝を曲げると、曲げていないときに比べて上半身の重みが後ろにかかりやすくなります。

つまり、左右のブレには強くなりますが、前後のブレには弱くなります。その結果、ケガをします。

膝関節は本来、前後左右に自由に動かせるジョイントのようになっています。それを一方向に向けようと思うとその動きが制限されます。なので、膝の向きをそろえることはかえって膝を痛めてしまうことがあります。

 自分が思う以上に膝を伸ばして走ると膝の痛みは消える
上記のことを解決するには腰が反ったり、かがんだりしない姿勢を作ることが重要です。膝に負担のかからない姿勢を取れば、膝の痛みをなくすことができます。

そこで、上半身の重みを後ろにかからないようにするために、首を伸ばして両肩を落とします。そうすると、背中が伸び、腰が反ったりかがまないようになります。

その姿勢を保ちながら、膝をほんの少し曲げるくらいにして、歩幅を小さくする心もちで走ります。自分の脚を前に出すとき、へその真下に置くようなイメージで走ります。

これはつまり、自分が思っている以上に膝を伸ばして走っている状態であるといえます。そうすると、上半身が楽で、膝に負担なく走ることができます。

弓の世界でも、脚を開いて立つ位置を決めるとき、膝関節を力ませることはありません。弓を引いている最中にかかる力に応じて膝関節が働いてくれるからです。

膝はゆらゆらさせておくぐらいで走ると、地面についたときにその反動に応じて働きます。一方、自分で一方向に向けようとして余計なことをすると、着地の衝撃に応じることができなくなって怪我に繋がります。

このように考え、膝をほんの少しだけ曲げるようにすれば、膝の痛みなく走ることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です