本に載っている走り方を真似すると怪我につながる

効率よく、そして無駄なく、早く走る方法を考えることはランニングをするときに重要です。近年はトップレベルの選手の走り方を分析し、走るのに必要な筋肉の情報を見れるようになっています。その情報を生かして、自分の練習に取り入れることができます。

そうして、走るときに使う筋肉や体の重心といった、わかりやすい、情報を走りに取り入れようとします。

ただし、そういった情報を知識として練習に取り入れることは悪くありませんが、これらの情報には一つの欠陥があります。

それは、「本に載っているほとんどの走り方のノウハウには、地球上の重力といった私たちの目に見えない力を考慮していない」ことであります。

本に載っている「体幹を意識して走る」や「〇〇筋を生かして走る」などの教えは確かに理論的であるかもしれませんが、内容は「自分の体をどう動かすか」しか書かれていません。走っている最中に延々に受けている重力を考慮していません。

そのため、これらの練習をいくら取り入れても結局ケガにつながってしまう恐れがあります。

 重力を考慮しないといくら脚や上半身を鍛えても怪我につながる
弓の世界では弓を押し開いていくときの自分の腕や肩といった力加減は感じることはできます。そして、弓を押し開いていくとき、「弓の復元力」という目に見えない力が引いているときに増大していきます。

この復元力がどこにどのくらいかかっているかなど、荷重のかかり具合や場所は自分では明確にわかりません。姿勢を整え、復元力に対して対応できるために関節を適切な位置に収め、筋肉を働かせないといけません。

このとき、弓の世界も重力がかかっています。そのため、首の筋肉の縮みによって弓を引いている最中に勝手に背骨が反ったり、かがんだりします。そのため、首を自ら伸ばして姿勢を保ちます。

同じことがランニングでもいえます。ランニングで入っているときは常に重力を受けて走っています。自分では着地した衝撃しか力は感じませんが、常に重力がかかっています。

もし首や背中の筋肉が曲がっていれば、走っているときの下半身は「自分の上半身+重力」の力を受けることになります。自分で自分の体重の負荷をかけてしまう姿勢になってしまうのです。

そのため、いくら走り方のノウハウを練習に取り入れても結局、脚に負担がかかる姿勢は変わらないのでケガをしてしまいます。

スポーツの世界では、着地衝撃に耐えるために脚の筋肉を鍛えたり、姿勢が崩れないようにお腹周りの筋肉を鍛えています。しかし、それ以前に考えることがあるように思います。

 弓道の胴づくりで自然と姿勢が整うランニングを身に着ける
私は大学時代にフルマラソンの記録更新のためにスポーツジムで筋トレを毎日していました。また、練習もしていましたが、、記録は伸びませんでした。

しかし、社会人になってから、弓道による体の使い方を知り、それを行うようになってから、次第に筋トレやフルマラソンの練習を躍起になってやらなくなりました。その代わり、走るときは常に首を伸ばして肩根を落とすことを意識して走りました。

その結果、大学時代は4時間を切るのがやっとだったにも関わらず、約1時間タイムが縮まりました。その経験から、姿勢を保つために具体的な筋肉の働かせ方を知ることが大切と感じたのです。

首を伸ばして、肩を楽に落とした走り方は着地に対して、下半身に負担のかからない姿勢を保つことができます。もしも、長時間走っていると脚が痛くなる人が「首」と「肩」の使い方を変えたら、きっと走るときの負担が何も意識しなかったときより変わるでしょう。 

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です