ランニング上達メソッド

ここでは、弓道に基づく「合理的に楽に走る」方法について解説していきます。弓道における姿勢、腕や身体の使い方を理解していけば、あなたのランニングのポテンシャルはまだまだ伸びていきます。

 

武道の考え方からランニングの考え方を転換する

マラソンランナーは「首の後ろ」を伸ばすことで、まだまだ記録は伸びる

楽に早く走るためには、「首」の後ろを伸ばした方がいい理由と具体的方法

無駄な力みなく走れるようになるランニング時の「肩甲骨」の使い方

ウサインボルトから学ぶ、陸上のコーナーを早く曲がる首の使い方

トップランナーのように格好よく走るためには「小指・薬指」を効果的に使う

「ランナーズニー」は自分で治せる、具体的な発症理由と対策方法を公開

・「膝を柔らかく使う」とランニングにおける疲れや痛みが激減する

・本に書かれた5つの「楽に走るコツ」と逆のことを行うと、楽に早く走れる

・目を薄く開けると、ランニング中の疲れが抑えられる

・ランナーがぜひ行いたい、怪我と疲れが一層される具体的な体操方法

 

武道の体の使い方をランニングに応用する

正しい姿勢から、スポーツで筋肉をスムーズに動かせる状態を学ぶ

ランニングの腕ふりでしっておきたい腕のこと

運動前の準備運動は怪我につながる

ランニング時にもっとも崩れない着地の位置

やせている人、太っている人のランニング時の姿勢を改善する方法

目線を上げると、走る姿勢を改善して、記録向上や怪我の予防になる

走る姿勢を改善する「ランニングベルト」と「一本歯ゲタ」

 ランニングで股関節の動きを高める「股関節たたみランニング」