ランニングの基本

武道の考え方からランニングの考え方を転換する

ランニングでは「脚」ではなく「背中」の筋肉が重要

ランニング時の姿勢が自然で力みのない走りを生み出す

本に載っている走り方を真似すると怪我につながる

ウサインボルトから学ぶ、陸上のコーナーを早く曲がる首の使い方

無駄な力みなく走れるようになるランニング時の「肩甲骨」の使い方

武道の体の使い方をランニングに応用する

正しい姿勢から、スポーツで筋肉をスムーズに動かせる状態を学ぶ

ランニングの腕ふりでしっておきたい腕のこと

運動前の準備運動は怪我につながる

姿勢から考える膝の痛みの正しき対処法

ランニング時にもっとも崩れない着地の位置

指の握り方で走るときの体の使い方が変わる

指の握り方による,スポーツ時の姿勢の変化を学ぶ

ランニング中に足の指に力が入っていると、ケガの原因になる

やせている人、太っている人のランニング時の姿勢を改善する方法

目線を上げると、走る姿勢を改善して、記録向上や怪我の予防になる

「股関節」を意識して走ると股関節の動きが悪くなる

足の向きを真っ直ぐむけようとすると怪我につながる

本から情報を勉強すると、ランニングで思い通りに体を動かせない

丹田(下っ腹)を意識して走るとあらゆる体の力みにつながる

走る姿勢を改善する「ランニングベルト」と「一本歯ゲタ」

 ランニングで股関節の動きを高める「股関節たたみランニング」