スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由

スポーツで自分の体調を整えるためには全身の脱力した姿勢を理解するのが重要です。なぜなら、「力が抜けた姿勢」が最もスポーツでパフォーマンスを出しやすい姿勢だからです。

一流のアスリートたちは、筋肉を脱力させた姿勢を理解し、これを本番に取り入れることで良い結果を出しています。

そのため、「最もリラックスした感覚」を体験する必要があります。

 自分の体がリラックスしているかは「足裏」に聞く
イメージトレーニングといった感覚的な方法によって多くの人はリラックスした状態を得ようとします。しかし、もっとわかりやすく落ちついた状態を確かめる方法があります。

それは、「足裏」です。人は足裏への体重の乗り方で力の入っている部位がほぼ決まります。

リラックスして脚や上体の筋肉に張りがなければ、上半身の重みは足裏全体へ均一にかかります。

かかと付近に体重が乗ると、上体の前部の筋肉が力んでしまいます。反対に、つま先近くに体重が乗ると、腰回りが緊張します。

つまり、足裏全体へ均一体重が乗るように姿勢を整えれば、全身に力みのないリラックスした状態になります。

 リラックスした姿勢を体感するには
ただ、このように、知識や情報で「足裏全体にのれば、人の体に力みがない」と思ったとしても、実際のスポーツに活かせるかは別問題です。

たとえば、全身を脱力した姿勢を取るために、膝を曲げ、肩の力を抜いて、意識して抜ける筋肉を抜こうとします。

しかし、このような姿勢で運動しようとすると非常に動きにくくなることがわかります。

その原因は、力を抜いたことによって、立ったときに肩関節や腕関節など複数の関節などの
理想の「はまった」状態からはずれてしまったからです。

筋肉には、力を出す役割がありますが、上体や体重を支える骨の位置を調節する役割があります。

もし、前述のように筋肉の力みをとった場合、力は抜けても「骨の位置を調節する」力もなくなってしまうため、適切に体を動かすことができません。

世の中の書籍やネット上に記されている情報はほとんどが立っているときにリラックスするための方法です。そうではなく、実際に動いているときに無駄な力を入れない「方法」や練習法を学ぶ必要があります。

そのため、あなたがスポーツで緊張した状態を緩和したり、生活で無駄な力みをなくしたと思った場合、「リラックスするための力の抜き方」ではなく「動いている最中の力の抜き方」を学ぶ必要があります。

実際に武道では、自分自身の力を極力抜いて、動いている最中に常の落ち着いた意識を切らさない練習法が存在します。こうした練習法を会得することで、あなた自身が生活や運動に使える「リラックス状態」が維持できます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です