試合前に慌てない食事のリズムの整え方

アスリートが怪我しにくい体を作るためには、栄養学を学び、栄養バランスを整える必要があります。試合を控えた準備期間では、当日までの日数を逆算して、食事計画と立てる必要があります。

そこで、毎日の食事のリズムを整えておくと、慌てることなく試合の準備期に入っていけます。ここでは、試合前に行うべき、生活と食事のリズムについて解説していきます。
 
 朝食をとって一日のリズムを整える
普段から生活のリズムを確立するためには、食事の摂るタイミングにも気を配る必要があります。そこで、1日の食事においてもっとも重要なのが朝食です。ここをきちんと摂ると1日のエネルギー補給を追いつかせることができます。

生活のリズムを確立するためには、朝食は必須条件となります。時間が足りなくて朝食を抜いてしまうという事態を避けるためにも、朝は早めに起床します。

栄養素の中で、糖質はスポーツにおけるエネルギーの源になります。そこで、朝食では、血糖値を上げることを心がけましょう。

寝起きで食べる気がしないという場合には、まずは水分をとって内臓を目覚めさせます。この際、水分は冷たくない常温のものがよいです。その後、軽いストレッチをして体を覚醒させるようにします。そして、炭水化物や果物をとるようにします。

昼食は学校、会社においてある程度時間が決まっているので、時間的な問題はそれほどありません。放課後や勤務後に練習を控えているのであれば、十分に炭水化物を摂取します。

もし、昼食は足りないと感じたときは、練習前に軽くパンやシリアルバー、エネルギーゼリーを補給するようにしましょう。

このときははスナック菓子、チョコレートなど脂質が極端に高いものは避ける必要があります。脂質が高い食品を食べると、栄養補給にならず、夕食にを妨げる可能性もあるからです。

他に、捕食はその日のトレーニングメニューと摂取したい栄養素に応じて日頃から準備しておくとよいでしょう。また、食事中の環境にも気を配となおよいです。

夕食の際は家族と話をしながら食べるなどリラックスして楽しめる食事がよいでしょう。減量している場合、食べることに集中し、何をどう食べるかということに意識をおきます。

重要なことは、食べたものがいつ、どのタイミングで消化されるか、その栄養素は何に使われるかを意識することです。起床から練習、起床までの間に必要な食事の回数と摂取する時間を計算し、自分のトレーニングにふさわしい食事と生活のリズムを整えていきましょう。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です