水泳で強いかき動作を身につける指の使い方

水泳におけるスピードを向上させるには、腕の使い方が重要になってきます。しっかりと水を後ろにかいて体を後ろにおすことで、スピードを向上させることができます。

武道の世界では指の整え方を変えることで、腕の筋肉の使い方を変化させることできるとわかっています。水泳にこの動きを取り入れることで、水のかき動作を速く楽に行うことができます。ここでは、水泳において、水のかく動作を効率よく行うために必要な指の使い方を解説していきます。
 
 弓道の弓の握り方から、水を効率よくかく
クロールで速く泳ぐためには入水で入れる手をなるべく深くする必要があります。その理由は深く入れることでより多くの水を後ろに押し出すことができ、高い推進力を得られるからです。

しっかりと腕を引いて泳げている人は手首や肘がたつように見えます。しかし、実際に手首をたてようとして泳ぐと、力が入ったり変に腕を動かそうとしてしたり、手首が曲がってしまいます。すると、水をうまくかけずに終わってしまう可能性があります。

そこで、次のように指を使うと、手首が曲がりにくい腕を作ることができます。まず、小指と親指を寄せるように近づけます。これにより、自然と手の甲は丸くなります。この動きに合わせて人差し指を上に向けるように軽く曲げると親指がさらに下に向き、手のひらの中に入るようになります。
 
すると、人差し指、親指、小指で三脚の形ができます。この手の形を弓道の世界では、「三角の手の内」とも呼ばれます。この手の形を作って腕をかく動作を行うと手首が曲がりません。すると、動作が速くなり、強い推進力を生み出すことができます。

人の手首が動作中に曲がってしまう原因は二通りあります。ひとつは指先の力が抜けているときです。

指先が力んでいないと、腕全体に力が入ることはありません。しかし、運動で動かそうとした瞬間に力が入ります。力を抜こうと思って腕全体の力が抜けていると、次の動き出しで無駄な動きが増えてしまうため、かえって過剰な力みにつながる可能性があります。

もう一つは、指の力の入れ方が不均一だった場合です。人の指は、人差し指と親指を握ると腕全体が内側に曲がりやすくなり、小指薬指を握ると外側に曲がりやすくなります。

全部の指へ均一に力をかけていれば、腕は変に動くことはありません。しかし、どれか一つの指に力が入っていると、拳全体の構造が壊されてしまい、手首に負担がかかりやすくなってしまいます。

三角の手の内をつくると拳全体が自然と丸くなります。これにより、指のどれかに力が入ることなく力の入り具合が均一になります。さらに実際に作ってみるとわかるのですが、この指の整え方は小指と親指の根本に力が入っていることがわかります。

この二か所に力を入れておけば、手首が変な方向に曲がることはなくなります。逆に言えば、この二か所がゆるんでいると手首に無駄な動きが出てしまいます。余計な空気抵抗を受けないようにするため、指の形を整えて、腕を動かす必要があります。

なお、私はクロールで水をかく意識を強めたい場合に、この指の整え方を活用します。指を整えると肩先まで骨格が整います。無駄な腕の動きがそぎ落とされ軽く腕が振ることができます。これから水泳のスピートを上げたい人の場合、運動感覚を変える意味で指を整えて泳ぐ練習法を行うことをオススメします。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です