バタ足動作をスムーズに行う股関節の使い方

水泳においてバタ足動作は姿勢を安定させる役割があります。バタ足を楽にスムーズに行うためには、脚以外にも胴体部に近い部分の働きを理解する必要があります。

ここでは、バタ足をスムーズに行うための体の動きを学び、その動作を実現させるための必要な体の部位を理解することで、効率のよいバタ足動作を行う方法を解説していきます。

 体の中心に向かってキックを打つようにすれば、姿勢が崩れない
キック動作は水中における姿勢全体にかかわる動作なので、スムーズにバタ足を行うためには胴体が崩れないことが大切です。

そこで、姿勢が整い、推進力が出るキックの状態を理解しましょう。ポイントとなるのは、「体の中心に向かってキックが打てる」ことです。

クロールを行うとき、胴体は左右にローリングするため、脚の位置関係が変わります。そのため、何も意識しないでキックを行うと、バタ足するときに動きは左右にブレます。動きが体の中心からずれてしまうため、上半身の姿勢が水中で動いてしまいます。その結果、上体が崩れやすくなります。

左右にローリングをして体がどんな角度に傾いていても、キックは体の中心に向かって打つことが大切です。すると、水の抵抗が少ない姿勢をキープできるため、バタ足動作をスムーズに続けられます。

 股関節のたたむ動きから、太ももを内側にたたむ動作を理解する
効率よくバタ足動作を行うために、体の中心軸に向かって脚をけることが大切です。しかし、このように理解しても、実際にバタ足で体の中心に向かってキックするのはは難しいです。

体の中心にしようと思うとどうしても脚を内側に向けなければいけないからです。脚を内側に向ける動作は日常を含めて、生活で使われることはほとんどありません。そのため、ふつうの人が脚を内側にねじりこむように動かすと一緒に腰がねじれてしまうことがほとんどです。

そのため、腰をねじらずに、脚だけが内側に向くように股関節の意識を転換する必要があります。そのために、股関節をたたむ動きを理解する必要があります。

まず、両太ももの付け根にあるVラインに手を当て、右の太ももの内側で左手をはさみこむように脚を動かしましょう。すると、あたかも右の内ももが左手にパタンとたたむように脚が動きます。これを「股関節をたたむ動作」といいます。この動作を左右逆にして行います。

次に、この動きを水泳に応用します。まず、脚はピンと伸ばしすぎず、ほんの少し膝を曲げるようにします。この姿勢から左内ももを、右内ももの右手のラインに擦り合わせるように、左脚を後ろに蹴りましょう。すると、結果的に右脚全体が内側にねじりこまれるようになります。

このようにバタ足を行うと、内またのように脚が動きます。すると、小指側の足の甲が正面に向きます。これにより、足の甲の平坦な部分に水が当たるため、より多くの水をとらえてバタ足を行えます。

内またに向かないと親指側の足の甲が正面に向きます。すると、足の甲の山になっている部分で水に当たるため、水は逃げてしまいます。そのため、水をとらえることができません。股関節を内側にたたむように脚を働かせることにより、キックの打つ方向だけでなく、足先でうまく水をとらえられるようになります。

さらに、この動作は上半身に無用な力みを入れない方がうまく行えます。その理由は、上体に力が入ると腰にうまく体重が乗らなくなるからです。力みがあると腰回りの筋肉を固くしてしまうため、脚をうまく動かすことができません。

そのため、股関節だけでなく、上半身の筋肉の状態を整えることで、効率よくキックを行うことができます。

スムーズに推進力を生み出すようにバタ足を行うには、体の中心に向かってキックを行う必要があります。股関節をたたむように脚を動かすことで、自然と内またの姿勢になり、体の中心に向けたキックを身につけることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です