バタ足動作を効率よく行うための足首の力の抜き方

水泳においてバタ足動作を行うのは姿勢を安定させるのに大切です。効率よくバタ足を行うためには、脚の細かい部位に着目し、その部位の働きや動かし方を理解する必要があります。

ここでは、適切にバタ足を行うために必要な体の部位を理解し、効率のよいバタ足動作を行う方法を解説していきます。
 
 足首の力の抜きがバタ足のカギ
バタ足はよく「大きく行いましょう」と指導されます。動作を大きくすると脚全体の筋肉が活用され、姿勢の維持とスピードが上がるからです。

ただ、バタ足動作ではもう一つ重要な要素があります。それは、「柔らかく行えるか」です。一回一回の脚自体がムチのようにしなって動いていると少ない力で大きな推進力が働き、さらに泳ぎやすくなります。

脚全体が柔らかくバタ足ができると、長い距離を楽に泳げるようになります。脚自体の負担もなく泳ぎ続けることができるからです。大きくバタ足をしようとするとむしろ脚が棒のように固くして動かしてしまいます。すると、バタ足が大きくても水をとらえることができず、姿勢が崩れてしまいます。

 脚がしなるようにバタ足を行うためには「足首」が重要です。バタ中は足首上部の力が抜けていると、水を効率的にとらえることができます。なぜなら、脚を上げたときに足首の力が抜けていると、下げたときに足の甲の平らな面(小指側)が水面につくようになります。すると、水をしっかりとらえるキックができます。

この足首の抜きができていると、脚全体がしなって動いているように見えます。足首に力が入っていると上げたときに自然に伸ばされる感覚が出ません。力が入った状態では、たとえ伸ばしたり、曲げたりしても足の甲の山になっている面(親指)が水面に当たるため、水が逃げてしまいます。
 
 太ももを伸ばすように動かすと足首の力が抜ける
脚がリラックスしていると太もものつけねまでバタ足で動かすことができ、結果的に力の強いキックが生まれます。そして、脚全体の力を抜くには、足首の力みをとって、バタ足を行うようにしましょう。

このときに、太ももの付け根に注目してみましょう。バタ足を行うときに、大きく振ったり、脚全体を動かそうと意識せず、アップキックのときに太ももの付け根を動かすことを意識します。アップキックでももの付け根をななめ上に伸ばす意識で脚を動かしてみましょう。

すると、足首の力が抜け、おろしたときに水面を強く打てることができます。太ももの付け根を伸ばすように脚を上げると、内側に内旋し、足首の力が抜けます。

これは、陸上で走るときと同じ原理を活用しています。後ろ脚をけるのではなく、太ももの付け根を伸ばすように後ろ足を伸ばすと膝が内側に曲がり、足首が伸ばされます。同様に、水泳では太ももを斜め上に伸ばすように動かすと脚が内旋します。すると、小指側の足の甲が自然と水面に向き、しっかり水をとらえることができます。

この動作はなるべくコンパクトに行うことが大切です。ちょっと伸ばす意識を以て太ももの付け根を動かせば、足首が動かしやすくなるのがわかります。大きくやろうとあまり意識しすぎると太ももではなく、膝下が動きやすくなってしまうため、脚全体の筋肉が固くなってしまいます。

効率よくバタ足を行うためには、足首の力を抜くことが大切です。太ももの付け根を伸ばすように脚を動かすと、自然と足首の力を抜いてバタ足ができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です