水中で体を浮かせるために体の三部位を整える

水泳において、楽に長く泳ぐためには水中姿勢を整えることが大切です。

その中で水泳の基礎として「けのび」「ストリームライン」といった教えがあります。ただ、こういった基礎を学んでも、なかなか水中でのフォームが改善されない場合があります。そのため、水中で体を浮かせるために必要な要素を理解しなくてはいけません。

ここでは、水中で楽に浮くためのポイントとなる体の部位をさらに具体的にし、姿勢が崩れないための意識の持ち方を解説していきます。
 
 脚を持ち上げることを意識する
水中でのフォームを整えようと思うと、大部分の人は上半身を意識します。足先まで一直線の姿勢を作ろうとして、腕を伸ばしたりアゴを引いたりします。

ただ、こうした動きは部分的な力みとなってしまい、体全体が浮かなくなってしまいます。そのため、最初は腕や頭といった場所を気にする必要はありません。力が入らない程度に腕を伸ばし、頭を前に出すようにするだけで問題ありません。
 
そうして上半身が楽になったら下半身が動かしやすくなるので、脚を上に持ち上げることを意識しましょう。上半身を屈め、脚を持ち上げる気持ちで水中に潜れば、少しずつ水の抵抗を受けにくい姿勢が完成されます。
 
 腰を浮かせるように意識する
下半身が水面から浮いてきたら、少しずつ上半身を動かすことができます。その中で腰の意識の持ち方は重要になってきます。腰は身体の中心部であり、この部位が沈むと水中での姿勢が崩れてしまうからです。

水面でフラットな姿勢がとれる人はみな腰の位置が高いです。この部位が浮いてくるとバタ足も腕のかき回し動作もやりやすくなります。そして、腰を浮かせる方法として「腹圧をかける」姿勢があります。

まず、水面で体全体を伸ばしたら、おなかをへこませるように力を入れます。すると、腹圧がかかり、上半身が浮きます。下半身が重い人や体脂肪が少ない人はこのようにして体を浮かせることができます。
 
ただ、最初はおなかをへこますことを意識しすぎなくても問題ありません。まずは脚を上げることを意識しましょう。上半身の無用な力を抜けば、より脚を上げやすくなるため、その姿勢で腰も持ち上げるように浮かせましょう。腰が水面に上がりやすくなり、さらにおなかをへこませることによる「浮き」を体感しやすくなります。

 胸は縮めるように意識する
上半身の上部で気をつけなければいけない部分は「胸」です。胸が鳩胸のように前に出たり力が入ったりしていると上半身が反った姿勢になります。すると、自然と脚が下がり、下半身が浮かなくなってきます。

そのため、胸は前に出ないように縮める意識を持ちましょう。腰から上を猫背にするイメージで少し体を前かがみにします。すると、腰回りがさらに浮き、泳ぎやすくなることを実感できます。

これらを意識することで、より水中で体を浮かせることができます。長い距離を泳ぐ場合は、途中でスピードを落としたり、休みを入れたりするときがあります。

そこで、疲れてしまい、足をつけてしまうことはよくあります。そうしたときに、上記の三部位の意識の持ち方を実践すれば、いつでも体を浮かせることができ、次の動作に速くはいれます。

水中で体を浮かせるためには、「脚」「腰」「胸」の三部位の意識を変えましょう。脚を持ち上げ腰を浮かせて、胸を縮める意識を持たせて実践すれば、体が浮きやすくなり、長い距離を楽に泳げるようになります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です