スポーツで二流から一流レベルに上がるための違いと経験を学ぶ

スポーツで一流レベルの結果を残すためには、継続して練習することが大切です。多くの練習を積み重ねれば、運動技術やメンタルが強化されていくのは間違いありません。

そして、二流から一流選手になるためには、誰もが通る「必要な経験」があります。これを練習で体験することで、さらに上の実力を身につけることができます。

ここでは、二流から一流選手になるために必要な経験や違いと、そのための心の持ち方を解説していきます。

 一流になるためには、長いスランプを経験する必要がある
平均レベルの結果であれば、数か月の練習だけで結果を残すことができます。しかし、一流レベルの結果を残すためにはより多くの努力が要求されます。

そして、一流レベルの結果を出すためにはこの努力の間に必ず経験しなければいけないことがあります。それは、「長いスランプ」です。

トップアスリートがトップになる過程では、「いくら練習しても試合で勝てない時期」というものが絶対に訪れます。勝てない時期があまりに続くと、自信やモチベーションがなくなってしまいます。そして、練習に身に入らなくなったり自暴自棄に陥ったりする危険があります。

もし、あなたが二流レベルからさらに上の世界に進みたいのであれば、この長いスランプでも腐らずに練習する必要があります。体力的にも技術的にも、勝てない時期は上のレベルに上がるために必要な期間です。

一方、対してストレスや苦悩のない練習を続けていれば、一流の世界に入ることはできません。自分自身の目標を明確にし、もっと上のレベルへ行きたいという気持ちがあるほど、苦しみの量が多くなると理解してください。これが、一流と二流での経験の違いです。

そういう意味では、もしあなたが高い目標を掲げて練習をして苦しみを感じているのであれば、正しい方向に進んでいるといえます。こうした長いスランプに陥って、成績が低迷し始めたら、一つ一つの負けを受け入れて改善やさらなる努力を試みるようにしましょう。

ここでやけを起こしたり、引き返してしてしまったりしたら、元の状態に戻ってしまいます。「必ず上のレベルに行きたい」と強く思い、モチベーションを保って練習をするのです。

そうしていくと、ある試合で一度勝つようになります。すると、今より余裕を持って続けて勝つようになります。長いスランプの間に着実に力はついており、強くなっています。その結果、あなたの実力が一気に上がります。

あらゆるスポーツにおいて、練習した量と比例して結果が出るわけではありません。ある程度のところに来たら一気に成績が伸びるようになります。この爆発的に実力が上がる経験をしたときに、一流プレーヤーになることができます。

二流から一流レベルの実力を身につけるには、必ず「長いスランプ」を経験しなくてはいけません。低迷したら、「今は強くなるために負けているんだ」と気持ちを切り替え、練習やモチベーションをさらに高めるようにしましょう。一流と二流には、このような違いや経験の差があるのです。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です