スポーツで「負けないで」と応援すれば心理的負担が高まる

試合で高い結果を残すため、メンタルを鍛えることは大切です。周りの状況によって、メンタルは変化します。そのため、気持ちが変わる原因や元を理解しておく必要があります。

その中には、「言葉」も含まれています。言葉によって、人はリラックスや緊張をします。そのため、指導者や他の人は、かける言葉によって選手に与える影響を理解しておく必要があります。

ここでは、試合中にかけるとフォーマンスにつながる言葉と、その対策方法について解説していきます。

 「負けないで」は選手にプレッシャーを生み出す
多くの人は選手を応援するときに「負けないで」という言葉を使います。この言葉をかけられると、選手は「勝たなくてはいけない」とヤル気が出て、いっそう試合に対する集中力が高まります。

ただ、このような集中の仕方では、試合中においてミスを招く恐れがあります。なぜなら、人は「負けないで」と言われると、他人を意識してしまうからです。

「負けたくない」という闘争心は、感情を高ぶらせるために必要かもしれません。しかし、スポーツにおいて、もっとも自分の実力を出す方法は、自分のできることを最大限やりきることです。

もし、試合中に相手のことを考えてしまうと、自分のできることや普段行っている意識の持ち方が薄れる可能性があります。そのため、他人を意識することは、高いパフォーマンスを出すために不必要な思考といえます。

 フィギュアスケートで浅田真央選手がキムヨナ選手に敗れた訳
バンクーバーオリンピックのフィギュアスケートで注目されていた選手に浅田真央選手とキムヨナ選手が挙げられます。二人はインタビューで「金メダルを取れますか」の質問に、以下のように答えました。

浅田真央:「負けたくない。金メダルを取りたいです」
キムヨナ:「自分が金メダルにふさわしい人間であれば、取れるのではないでしょうか」

浅田真央選手は相手に負けたくないという闘争心を露わにしていました。マスコミや周りの人たちがライバル関係に注目していたのが影響した面もあるでしょう。しかし、キムヨナ選手は気負いも感じられず、ライバル達のことも見ていません。ただ、自分の演技を行えば大丈夫であると、感情を高ぶらせずにいるように見えました。

二人とも、金メダルに対する思いは素晴らしいものです。しかし、メンタルの面から考えると、キムヨナ選手の言葉は本来のパフォーマンスを出す効果をもたらします。

フィギュアスケートは演技の点数を他の人と向き合わせますが、基本的には個人競技です。つまり、勝つためには自分の演技で高得点を出す必要があります。どれだけ自分の最高の演技ができるかが勝敗を分けます。このような状況では、自分のやるべきことに集中するのが最も良いパフォーマンスをだせます。

そのため、周りの人たちは「負けないで」「あの人にだけは勝たないと」というような言葉をかけないようにしましょう。選手が危険なメンタルな状況に気づけないまま、ライバルに戦いを挑むことになります。

むしろ、「やるべきことを全部やって、その結果を受け入れよう」とベストを出し尽くすように促すことが良いでしょう。すると、選手も「そうだよね」と思い直すことができ、目の前のことに集中できます。「今のあなたでいればそれでいい」と声をかけられると、余計な意識を持ちこまずに試合に挑むことができます。

これは、弓道の世界でも同様のことがいえます。弓道では段を取るための審査があります。普段、稽古しているときに比べて、審査では「的の距離」「立ち位置」「狙い目」「使用している弓」が全く同じです。しかし、審査員にみられると、「的中させなくてはいけないと」心が無意識に思ってしまいます。

そのような時に、自分のやることに徹するように意識します。このときに意識する部分は、「上半身の姿勢を整える」ことです。なぜなら、自分でできることの中で、この意識が最も重要だからです。無駄な意識を取り除くことで、練習と同じ的中率を出すことができます。

試合で「負けないで」と声をかけると、実力を下げる恐れがあります。そのため、応援するときは「やるべきことをやろう」「そのままでいいんだよ」と目の前のことに集中できる言葉をかけてあげましょう。周りのプレッシャーに刺激されることなく、普段通りのパフォーマンスをすることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です