スポーツで緊張する理由と、本番で不安感を取り除く方法

試合中に緊張して、本来のパフォーマンスが出せない人は多くいます。結果が出ないと、緊張してしまうことを悪く思いこんでしまいます。または、緊張することは自分のメンタルが弱いからと考えてしまいます。

ただ、緊張することは悪いことではありません。むしろ、人は緊張するようにできています。緊張してしまう理由をしっかり理解すれば、適切な対処法を考えることができます。

ここでは、人が「緊張」する原理を理解し、試合中に不安感やプレッシャーを取り除く方法を解説していきます。

 人の「緊張」は生きるために必要な反応である
緊張すると、体が硬くなったり、手に汗をかいたりします。これは「緊張反応」と呼ばれます。

緊張した原因は人それぞれ違います。しかし、不思議なことに緊張したときに起こる反応はみな同じものです。実は緊張とメンタルは関係がなく、必要な生理現象です。すでにDNAに埋め込まれており、危険を感じたときに自然と緊張反応が出てきます。

人間がさるから進化を遂げて、草原を直立歩行しはじめたころ、ライオンなどの肉食獣に襲われる危険がありました。当時、人間は肉食獣などに命を狙われる状況にあったとき、緊張によって危機回避をしていたといわれています。

暗闇から物音が聞こえると、ライオンがいることを想定し、脳が危機を察知します。すると、筋肉を固くして毛細血管を収縮させます。こうすれば、肉食獣に噛まれても、血が流れることを最小限に抑えられます。致命傷にならずに逃げ切れる可能性があります。

顔が熱くなって火照るのは、状況を判断して大脳に血液を一気に送りこんでいるからです。胸がギュッとしまるのは敵の攻撃から内臓を守るためであり、手に汗かくのは猿だった名残で枝をつかんで逃げやすくするためです。また、心臓がドキドキするのは体がいつでも動ける状態にするためです。

このように人が生き延びるために防御反応は強化されてきました。緊張したら体に反応が出るようになったのです。人が緊張してしまうのは、悪いことではありません。全ての反応は生き延びるために必要な生理現象であるといえます。

 緊張したら目を閉じて、姿勢を正してみよう
現代で緊張するシーンは大事な場面のときです。学校であればみんなの前で何かを発表するとき、仕事では面接やプレゼンテーションのときなどでしょう。

確かにどれもプレッシャーを感じる場面です。しかし、動物が襲い掛かってくるような状況ではありません。そのため、脳の働きを変えてあげれば、体の反応を抑えることができます。

本番で緊張してしまったら、目周りの力みを取るように目を閉じてください。すると、周りが真っ暗になり、眼球の緊張を抑えることができます。そして、姿勢を正すために、首を伸ばして両肩を落とし、深呼吸を2、3回程度行いましょう。これにより、全身の筋肉の緊張をほぐすことができます。

全身の筋肉にこわばりがなくなったら、今いる場所を生命の危機ではないと脳へ伝えることができます。ここには動物はいないと教えることで、緊張による不安感が緩和されます。

アスリートにとって筋肉が硬くなったり手に汗をかいたりという反応は、本番の試合で致命的な状況を招きます。例えば、野球のピッチャーであれば、ボールのコントロ-ルが効かなかったりスピードが落ちてしまったりします。

試合のために何百回、何万回と練習してきた動きが、脳の勝手な反応によって変わってしまうのです。そのため、アスリート達は緊張反応を正しく理解する必要があります。

「緊張」による不安感とは、「生命の危機がある」ように脳が勝手に作り出している状態です。そうしたときは目を閉じて姿勢を正し、深い深呼吸を行いましょう。脳の中のイメージが変化して体をリラックスさせることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です