スポーツの投げる動作で起こる肘の痛みの治し方

「野球」「バレー」「テニス」といった、ボールを扱うスポーツでは、腕を酷使して肘を怪我してしまうときがあります。球の投げ過ぎによって痛めた肘のことを「野球肘」といわれることもあります。

ただ、肘以外の体の使い方を変えれば、肘の痛みを解消することができます。ここでは、スポーツにおける「肘」の痛みの解消法について解説していきます。
 
 投げ方をななめにすると肘は楽に動かせる
病院に行って医者に診てもらえば、肘の痛めている部分が詳しくわかりますが、治療法や予防策まではわかりません。たいていは、「安静にしてください」「あまり肘に力を入れないようにしてください」とアドバイスされ、湿布薬を処方されておしまいです。

しかし、これではせっかく治したとしても、また怪我をしてしまう可能性があります。そのため、肘の負担を軽減する腕の動かし方を理解し、実行することが大切です。

多くの人は肘をなるべく高くして投げようとします。理由は、その方が遠心力がかかって腕を振る速度が速くなるからです。

しかし、この投げ方は、もっとも肘に負担がかかります。肘は必要以上に動かすと「肩」も一緒に活動します。つまり、肘を使って投げようとすると肩も連動して力が入ってしまいます。すると、腕全体が力んでしまうため、怪我をしやすくなります。

そこで、投げ方を少し変えてみましょう。肘はそこまで高く上げず、腕を「縦」ではなく「斜め」に振ります。この姿勢で投げると、肘に負担がかからなくなります。

理由はこの投げ方は脇の下の筋肉が最も働くからです。人は肩を落とすと脇周りの「前鋸筋(ぜんきょきん)」が張られます。この筋肉を使うと、投げる動作にあらゆる良い影響を及ぼします。

一つは、上体がねじれても連動して腕が振られることです。多くの人は力任せに振ろうとして、腕より先に体が開きます。すると、胸が前方に出るため、上半身と腕との筋肉の連絡が切れて別々に動いてしまいます。その結果、肘に負担がかかって怪我をします。

もう一つは、肩に力みがなくなることです。肩が上がらないため、投げるときに上体がぶれにくくなります。野球であれば、内野手のスローイングのように動きながら投げるときでも、上体がブレずに正確な動作が行えます。

さらに、肘が少し体から近くなるので、腕を扱いやすくなります。腕を楽に速く動かすことができるので、長時間腕を使っても疲れることはありません。

「バレー」「テニス」「バドミントン」といった、サーブやスマッシュの動作でこの動きを取り入れる場合、少し体をひねり気味にすれば、脇の下の筋肉を使って球を打つことができます。このように、投げるときの肘を痛みは「脇の下の筋肉をうまく働かせる」ことで解消することができます。

 野球の世界でピッチャーの肩・肘は消耗品と言われる理由
野球の世界でピッチャーは投げすぎると、腕に疲労が蓄積されていき、怪我をしたら元の状態には戻れないといわれています。そのため、「ピッチャーの肩・肘は消耗品」といわれることがあります。

野球の世界では、ピッチングにおいて両肩の線が地面と平行になっていると、見た目の均整がとれて良いフォームととらえられます。一方、体が斜めになって腕の振る軌道が縦に降りていなければ、投げ方がおかしいといわれています。

そのため、多くの人は「肩・肘」を酷使した投げ方から抜け出すことができず、投球制限や体調管理をして大切に扱おうと考えます。

ただ、肩・肘は消耗品ではありません。投げ方を変えてしまえば、肩に力が入らなくなるため、ケガなく投げることができます。

これは、弓道の世界でも同様です。弓を引いていると、右肘や左肩が痛くなります。稽古だから、怪我はつきものだと多くの人は思うかもしれません。人によっては、「肘や肩を使って弓を引いているからいいことだ」と解釈する人もいます。

しかし、体に痛みが出るということは、「弓の引き方が悪い」ことが考えられます。そのため、今まで意識していたやり方を全て考え直して、立つ姿勢から修正する必要があります。

体から痛みが出るのは、「その姿勢で引いていたら肘や肩を壊す」と弓から合図を送っていると判断します。そうした場合は、体に合った弓の引き方を身につけるため、前述の通りもう一度立ち方から弓の上げ方まで一から考え直します。

スポーツを行う場合、体に負担なく動作を行うことが大切です。無理な動作をしても、それは怪我に繋がってしまうだけです。そのため、今の段階で投げるときに体に痛みを感じるのであれば、何かしらフォームの改善を試みた方が賢明です。

もし、肘に痛みや違和感を覚えたら、腕の振る軌道を斜めに変更してみましょう。上体の筋肉の働きが変わって、怪我を克服することができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です