武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける

スポーツにおいて、普段の姿勢が崩れていると体の各部にゆがみが生じます。すると、不調や慢性的な病を抱える可能性があります。このような事態をなくすためには、正しい姿勢を学ぶことは大切です。

世の中では、姿勢に関する情報として、「背骨を真っ直ぐになっている状態」「猫背は悪い姿勢」といった部分的な内容はあります。しかし、体全体を見て、良い姿勢の状態とその取り方はあまり知られていません。

もしも、普段の姿勢を変えて、体の不調を改善したいのであれば、心身に負担のない姿勢を理解する必要があります。

武道の世界では、「三重十文字」と呼ばれる姿勢の整え方があります。三重十文字とは、足踏みの線、腰の線、肩の線を平行に重ねます。そして、これらの中央を貫く脊柱を正しく垂直に保持することです。

 

例えば、弓道の世界では、弓を引いている最中に胴体部に崩れやねじれが出ると、的をはずしてしまいます。そのため、三重十十文字がしっかりしていると、上体が前後左右に偏らないようになります。

 

そして、三重十文字の整えると、上体の筋肉に余計な負荷がかかりにくくなります。そのため、あなたが普段の生活で姿勢が崩れ、余計な力みを持っている場合、三十重文字の姿勢を学ぶことで、解消することができます。ここでは、三重十文字の整え方について説明していきます。

 

 三重十文字は首の後ろから整える

三十重文字は弓道の世界では、鏡などで姿を見て、両肩、両腰、両足をそろえようとします。最初はこのように意識して稽古するのもいいかもしれません。

 

しかし、そういう形にとらわれてしまうと、形の保持に意識をとられてしまうため、かえって力みが生じてしまう可能性があります。そこで、三重十文字はそういう見た目ではなく、体の中の状態が大切であると理解しましょう。

 

まずは、「肩」「腰」「足」ではなく、「首」を伸ばすようにします。少し、アゴを引いて首の後ろ側(項)を意識的に伸ばすようにします。次に、肩根を楽に落としましょう。すると、「肩」「腰」「足」の横ラインがそろってくる」ものと考えましょう。

 

首の後ろ側の筋肉を伸ばすとき、イメージとしては、頭の頂点を10センチ上方向に伸ばすようにします。すると、背中周りの緊張がほぐれることがわかります。この状態を保ったまま、肩を「楽にストンと落とす」ようにします。これによって、胸周りの緊張が和らぎます。

 

すると、両肩が自分でそろえようと思わなくても自然とそろいます。このとき、首が伸びていなかったり、アゴが引けてなかったりすると、腰椎が反ったり屈んだりします。すると、腰部の筋肉に凝りが生じてしまいます。すると、動いている最中に姿勢が崩れる可能性があります。それによって、三十重文字の姿勢が崩れる可能性があります。

 

そのため、首を伸ばして両肩を楽に落とし、上半身の無駄な力みをとります。これによって、上半身の体重は自然と背骨の終点周り(仙骨の周り)に体重が乗ります。これにより、腰のラインが平行にそろいます。これによって、三十重文字の「肩」と「腰」の線までそろえられます。

 

 足裏の重心の位置が決まれば三十重文字は完成する

次に足裏の重心位置を考える必要があります。たとえ、両肩や首に無駄な力みがなくても、足裏の重心の位置がずれると、腰は前後にずれる可能性があります。重心の位置や次に動作を行う動き出しを決める重要な要素です。

 

足裏の重心は土踏まずの前縁辺りに乗せます。次に、両肩を落とすことで足の裏に体重がピタッと乗ることを実感しましょう。このように、両肩を落とし、しっかり上半身を下半身に乗せれば、足裏がしっかり地面に着きます。もしも、体重の乗り方に左右差が生じると、足が左右均等に体重が乗らず、動き出しで姿勢が崩れる可能性があります。

 

そのため、両肩を落とし、左右均等に体重を乗せるようにしましょう。これによって、肩、腰、足が平行になるように姿勢が整います。

 

このように、武道の世界で心身に凝りのない姿勢として、三十重文字の姿勢があります。普段の生活で、この姿勢を意識することで、上半身の無駄な力みを取り、姿勢の崩れを防ぎます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です