スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方

スポーツにおいて、実力向上のためには運動動作を分析し、体の動きを勉強する必要があります。さまざまなスポーツの動作には脚を使う動作が存在します。バレーやバスケであれば、脚を使ってジャンプ動作を行います。サッカーや陸上であれば、脚を使ってフィールドを走り回ります。

脚の動きをよくするためには、脚の適した骨格構造を理解する必要があります。ここでは、武道の体の使い方から、脚をスムーズに動かすための骨の使い方を解説していきます。
 
 ほんの少し曲げた状態がもっとも動かしやすい
まず、肩・肘・手首の三部位をまっすぐに伸ばした状態で野球のボールを握って投げるとします。すると、投げにくく、ボー^ルを投げにくくいことは誰でもわかります。腕が伸びきった状態では力をうまくボールに伝えることができず、投げる動作で筋肉を働かせることができないからです。

マラソンの世界で、後半で失速してしまう人のことを「脚が棒になっている」といわれることがあります。これは、脚の筋肉がパンパンに張って、棒のようにしか動けていない状態を表します。腕や脚を完全の伸ばし切ってしまうと、動きが単調になります。

道具を取扱うスポーツであれば、力をうまく伝えることができなくなってしまいます。

脚が伸びきると、次の運動動作の動きだしに使えなくなります。そのため、脚を動かすときは各関節の屈曲ごとに意識を傾ける必要があります。

そこで、弓道の世界で「骨を残す」という体の使い方があります。これは姿勢を整えることで、脚が立っているときに適切な位置に整うようにします。

まず、前に屈んで腰を折ります。このとき、膝は少しだけ曲げた状態にします。そこから腰の背骨を一つ一つ乗せるように持ち上げるようにして、背中を真っ直ぐ立てます。そこから、両肩を軽く落としましましょう、

すると、足裏全体がピタッと止まります。このときに膝の裏側を見てみると自然と伸びます。このように、上半身の体重を腰に乗せると軽く曲げていた膝が少し伸び、結果として少しだけ脚の膝関節が曲がった形になります。
 
この状態で歩くと、腰が軽く感じます。このように、少し余裕を残した状態にして歩くと、脚に負担なく歩くことができます。

少しだけ曲げて地面に体重をかけると、 それに応じて膝が働きます。しかし、膝が伸びきっていると次の着地で衝撃をうまく緩和することができません。脚を使う動作においては、ほんの少しだけ曲げた状態が運動動作に適しています。

実際にジャンプ動作を少し曲げた状態で行うと、膝を大きく曲げて行ったときに比べて楽に高く飛べることがわかっています。ステップや方向転換を行うときも、膝をほんの少しだけ曲げてみましょう。

 脚を蹴ったりねじらないようにする。
ただ、ほんの少し曲げた状態にしても、走っている最中に膝に負担がかかるようになってしまいます。これらの欠点をできるだけセーブしつつ、脚に負担がこないように動く必要があります。

その中の一つに蹴る動きがあります。着地した脚を蹴るように力を入れると加速がつきます。しかし、地面を蹴ると 足首や膝が伸びてしまいます。すると、着地衝撃をうまく受けることができず、脚全体に負担がかかってしまいます。

あるいは膝が曲がりすぎても踏ん張ったり腰を持ち上げようとしたりするあまり、膝に無理な負担がかかってしまいます。そのため、曲げすぎず伸びすぎずの「少し曲げた状態」を体で覚え、最後まで形を崩さないように意識することが大切です。

脚を使う動作は、外形はピンと伸びているより、曲がっていた方が動かしやすくなります。それによって着地衝撃のときに受ける力が分散し、腰や脚全体を円滑に動かすことができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です