弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める

スポーツにおいて、動作に無駄をなくすことは大切です。無理で無駄のない動作は力のロス少なくなるため、結果的に運動技術の向上につながります。

スポーツで腕を使う動作は数多く存在します。例えば、野球のピッチャーの投球や水泳のクロール、テニスでラケットを振る動作などです。こういった腕を動かす動作を手先や筋力に頼ると、怪我につながります。

そこで、弓道の世界では腕の力みや負担をなくす手首の使い方が存在します。ここでは、武道の体の使い方から、スポーツで腕を使う動作の質を高める方法を解説していきます。

 懸け口十文字から、腕全体を速く働かす
弓道の世界では、弓を握る左手や弦(弓を張るための太いひも)をひっかける右手も的中にかかわります。その中で、「手首の曲がり」は射技の停滞を招きます。

その理由は、手首が曲がると弓や弦の復元力が手首の周辺に集中するからです。手首に荷重がかかると、肘、肩といった部位が動かなくなります。すると、体全体を使って弓を大きく引くことができなくなります。

そのため、弓道の世界では、そうした手首の角度を作らないようにする腕の使い方があります。それを「懸け口十文字」といいます。この動作を行うことで、弓と弦の抵抗力がかかっても、手首が曲がることなく弓を引くことができます。

まず、腕を地面と垂直になるように立てましょう。小指が下に、親指が上に向くように手のひらを立てます。この状態だと、手首は下方向に曲げやすいのがわかります。さらに、内側、外側にも曲がります。このように、手首は何もしなければ、下や左右に曲がりやすく、運動中に大きく動きます。

この動きをすべてなくして、手首に角度を作らないようにします。具体的には、手首の曲がる運動において曲げにくい方向は「上」です。小指、薬指を締めて曲げにくい方向に手首を曲げるようにしましょう。このように、小指、薬指を締めながら手首を起こすようにし、この状態を保ちます。

 

手首を起こした状態で腕を振ったり、動かしたりしてみましょう。すると、何もしなかったときに比べて、腕の動きが楽に速く動かすことができます。手首を立てた状態を維持しながら動作を行うと今までと違った腕の動きを体感することができます。

さまざまなスポーツにおいて、腕の力を抜きましょうと言われると、腕だけでなく手首の力を抜こうとします。しかし、手首の力を抜くと、腕を動かす動作で無駄な動きを招いてしまいます。手首の力を抜いて腕を動かすほど、力が末端に伝わりにくく、むしろ分散されてしまう感覚が表れます。

これは、腕をブラブラさせることで体感することができます。手のひらや手首を楽にした状態で腕をブラブラさせるのと、手首を少し起こした状態では後者の方が力がよく伝わっているのがわかります。

懸け口十文字の要領で手首を曲げにくい方向に手首を曲げると、腕を動かす感覚が変わります。ボールを投げると、腕が一体となって楽に速く振ることができます。水泳で水をかく動作であれば、腕を速く回すことができ、かつ腕に負担が少なくなることがわかります。

腕を動かす動作の質を高める方法として「懸け口十文字」があります。手首を曲げにくい方向に曲げることで、腕全体を楽に速く動かすことができるため、運動動作の向上やケガの予防につながります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です