弓道での「首」の働きを理解して、スポーツの動作向上に応用させる

スポーツで楽に効率良く動作を行うためには、体の使い方を勉強することが大切です。その中の一つに、首の使い方があります。

ここでは、スポーツに応用できる弓道の世界で行われる「首」の働きを解説していきます。

 「首」を向けると、腕を曲げやすくなる
弓道の世界では、顔を的方向に向けることを「物見(ものみ)」を入れるといいます。あなたは、弓を引くときに顔を的方向に向ける理由をご存知でしょうか。

多くの人は「的を狙うため」と思うでしょう。しかし、顔を的方向に向けるのは、弓を引く動作において重要な意味を持っています。

それは、顔を左に向けると、左腕が伸ばしやすくなることです。

弓を押すときは「左拳」「左腕」「左肩」の筋肉を動かします。しかし、弓の抵抗力は左拳と左肩にかかりやすいため、力負けして左肩が上がってしまうことがあります。

そこで、首を左に向けます。すると、首を向けた側に背骨がねじれます。これにより、腕を伸びやすくなります。弓をさらに数センチ的方向に押し込むことができ、力強い矢が飛びます。また、この背骨のねじれにより、もう一つ特徴的な動きを可能になります。それは、「首を向けた方と逆側の腕を曲げやすくなる」ことです。

弓道の世界では、この働きを用いて右肘を使いやすくします。右肘を曲げて腕全体を固めることで、ブレなく矢を放つことができます。つまり、首の向きを変えると、背骨がねじられて、腕の使い方が変わります。

この原理をスポーツの動作に応用することで、パフォーマンスの向上につなげることができます。

例えば、野球のピッチングの動作で球を投げたとき、首をグラブ側に少しねじると今より球速が上がります。昔のピッチャーのフォームを見ると、一流投手は投げた後の首が後方にねじれて帽子がずれていることが多いです。

サッカーであれば、パスをするときに蹴り足の方向と逆に首をねじると、キック力が上がります。サッカー界の一流プレーヤーであるロナウジーニョ選手は、味方にパスした後の姿勢で首がねじれていることが多いです。こうすることで、相手にフェイントをかけるだけでなく、蹴る力も強くなります。

他にもボクシングであれば、相手にアッパーを繰り出すときに、あえて相手に顔を向けず、首を後方にねじるとパンチの威力がさらに高まります。このように首の働きを理解して応用すると、あらゆる動作の向上につながります。

スポーツでのパフォーマンスアップ向上のために、首の働きを理解しましょう。背骨のねじれ動作をスポーツにに取り入れることで、運動技術をさらに高めることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です