弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる

スポーツでやみくもに体を動かしていると、動作に無駄が出てしまいって怪我に繋がります。今よりも運動技術を高めるためには、体の動きを理解する必要があります。

そこで、弓道の世界で行われているは「姿勢を整えて体の中の筋肉の働かせる方法」を理解すると、腕の動きが変わり、動作のパフォーマンを向上させることができます。この動きを他のスポーツに応用すれば、運動能力を高めることができます。

ここでは弓道の動きから、スポーツの動作がしやすくなる腕の使い方を解説していきます。

 脇周りの筋肉を働かせると、腕を上方に上げやすくなる
弓道では、弓を引く前に自分の体の前方に弓を高く上げます。この動作を「打ち起こし」と呼びます。

この打ち起こしの動作は、弓を引く動作の中で的中にかかわるもっとも大切な動きです。昔の弓道の本では「打ち起こしの成否によって射の良否が決まる」と書かれているくらいです。

その理由は、弓を上げる動作で引くときに使われる筋肉が決まるからです。

「弓を上に打ち起こす」という動きは、腕だけを考えれば、あらゆる方法があります。例えば、拳の筋肉を使って腕を上げると、拳が自然と力みます。この状態で弓を引くと、何十キロもの弓の荷重が拳にかかってしまい、このときの力が「腕」や「肩」にも伝わります。その結果、矢を放つと的をはずします。

そこで、肩の筋肉を使って上げると、弓と同時に肩関節も上がります。この状態で引くと、弓の荷重は肩にかかってしまい、腰や両肩が前後左右にずれやすくなります。そのため、的方向に狙いを定めてもその方向に飛びません。

そのため、肩や拳に力が入らないように弓を打ち起こさないといけません。そこで、腕を上方に上げやすい体の使い方をします。

まず、首を伸ばして肩を落とします。すると、上半身の姿勢が整うと同時に脇周りの筋肉が動くようになります。この筋肉は「前鋸筋(ぜんきょきん)」と呼ばれ、「弓道」「アーチェリー」の世界大会で結果を残す選手は皆この筋肉が発達しています。 

そして、この姿勢を取ったときだけ、腕を上方に上げやすい線が作られます。それは、腰から胸の中心の線です。弓を引くとき、腰から胸の中心にかけて腕をすくいあげるように上げます。すると、普通に上げるときと比べて、脇の下の筋肉が締まるような感覚があります。 

この動きをあらゆるスポーツに取り入れることで、運動パフォーマンスが向上します。

例えば、野球の世界で球を投げるとき、腕をすくいあげるようにすると、腕ふり動作で脇や背中周りの筋肉が使われます。すると、腕を速くふることができ、球速アップにつながります。

バレーやテニスのサーブでも同様です。ボールを打つまえに、首を伸ばして肩を落とした「前鋸筋が働きやすい」姿勢を作ります。すると、腕を振るときのスピードが加速し、力を入れなくても速いサーブを打つことができます。

あらゆる腕を使う動作の質を高めたいのであれば、首を伸ばして肩を落としましょう。すると、脇の下の筋肉が働き、腰から胸の軌道に腕を上げやすくなります。この使い方を応用させれば、スポーツにおける腕の運動能力が上がり、パフォーマンス向上につながります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です