指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる

スポーツの動作を向上させるために、多くの人は体の筋肉を鍛えたり、動かし方を勉強したりします。他にも一流選手の動きを研究して、腕や脚の動作を真似したり、使っている筋肉を鍛えたりします。

ただ、弓道の世界では、腕や上半身の動きは「指やてのひらの使い方」によって大きく変わることがわかっています。この原理を他のスポーツに取り入れることで、今以上に腕や上半身の動きが向上します。

ここでは、弓道で行われている指の使い方から、スポーツにおいての腕や上半身の働きを変える方法について解説していきます。

小指を閉じると、腕の動きが向上する
弓道の世界で握り方によって、弓の引きやすさを変えることができます。その中でも、「小指」が重要な意味を持っています。弓を握るときに小指を締めておくと、弓を押す動作に良い影響を与えます。

具体的には小指を握ることで、腕の小指側の筋肉が働きます。この筋肉を「下筋」といいます。さらに小指を締めることで、下筋以外に腕の裏から脇にかけてのラインの筋肉をスムーズに働かせるようになります。

これらの筋肉を働かせると、腕を振ったり動かしたりする動きを速く、楽に行うことができます。ランニングで「てのひらをパーにした状態」と「小指を閉めた状態」で腕を振るのでは、小指を締めた方が腕を振りやすいことがわかります。

その反対に、人差し指と親指を握ると、腕の人差し指側の筋肉が働きます。この筋肉を「上筋」といいます。この筋肉に力を入れやすくなると、腕の表から肩にかけてのラインの筋肉が動きます。

その結果、腕を振るときに力が入ったり動きがギクシャクしたりします。野球の世界では、このラインの筋肉を働かせると、ピッチャーは肩を壊しやすくなります。そのため、注意が必要です。

掌根を使って押せば、負担なく「押す」動作が行える
弓道の世界では、てのひらのあらゆる部位に名前がつけられています。ここで、小指の付け根から3~5㎝下の部位を「掌根(しょうこん)」と呼びます。

弓道の世界では、弓を的方向に押していくときに、弓とてのひらの接触する場所によって弓の引きやすさが変わります。

最初の押し動作に入るときに、両肩を落として腕を脇の下から伸ばすようにすると、てのひらの掌根部が最初に弓と接触します。すると、弓の圧力が腕の裏側や脇の下の筋肉にかかるようになります。

これら筋肉は伸ばすほど力を発揮するため、弓を押せば押すほど力が強くなっていきます。つまり、掌根部で押すと、物を押す運動がしやすくなります。

もし、最初の押し動作で腕だけ使って弓を押すと、親指の根本が最初に弓と接触します。すると、弓の圧力が腕の表側や肩周りの筋肉にかかるようになります。

この筋肉は曲げたり、引いたりすることで力を発揮する筋肉です。そのため、弓の圧力がかかり伸ばそうとしても、力が入らないどころかよけいな力みになってしまい、弓を押すほど力が弱くなっていきます。

そのため、物を押すときにはてのひらに接触させる部位を変えることによって、「押す」動作のしやすさ変化します。この体の使い方をスポーツに取り入れると、パフォーマンス向上につながります。

例えば、ロードバイクでペダルを握るのではなく、掌根に当てて押すようにすると、自転車をこいでいるときの姿勢が崩れにくくなります。野球の世界では、バッティング動作でしょうこんに当たるようにスイングすると、スムーズで楽にバットを振ることができます。

スポーツの動作を向上させるには、胴体以外にも、指とてのひらの使い方を変えましょう。体の動きが変わって今よりもスポーツ動作の質を向上させることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です