弓道の「弓懐(きゅうかい)」の動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする

ほとんど全てのスポーツは「腕」が使われます。腕を使って物を投げたり、運動中ずっと振り続けたりするため、「腕」の動きはスポーツにおいて重要な役割を担っています。

腕が力んでしまうと、上半身全体に力が入ってしまい、パフォーマンス低下につながってしまいます。また、腕の振り方を間違えると、怪我をする可能性があります。そのため、多くの人は腕や肩周りの筋肉を鍛えることで、腕の動きを改善しようとします。

ただ、弓道では、体の脇の下にある筋肉を働かせると、腕を動かす動作がとてもやりやすくなることがわかっています。

ここでは、弓道での体の使い方から、スポーツでの腕の使い方を良くする方法を解説していきます。
 
 「首」と「肩」の筋肉を働かせると、脇周りの筋肉が働く
弓道では、上半身の姿勢を整えるために、「首を伸ばして肩を落とす」動作をします。これにより、上半身の無駄な力みがなくなり、弓の抵抗力に耐える姿勢が完成します。

このとき、弓を引く動作を「腕」を使って引いているように多くの人は思うかもしれません。しかし、実際は腕や手首には力を入れません。体の中にある別の筋肉を使って、弓を引く動作を行います。

それは、脇周りの筋肉です。弓道では、首を伸ばして肩を落とすと、上半身の姿勢が整うだけではなく、「脇周りの筋肉」が働くことがわかっています。この筋肉は「前鋸筋(ぜんきょきん)」と呼ばれます。

全鋸筋の役割は、背中の後ろについている「肩甲骨(けんこうこつ)」を外側に向けることです。弓道の動作では、自分の体の前に両腕で円の空間を作ります。この円の空間を「弓懐(きゅうかい)」といいます。

この弓懐を作るときに、腕だけを動かして円を作るのではなく、脇の下を使って肩甲骨を開くように円を取ります。すると、脇の下に力が入る体構えが完了します。

この姿勢により、弓を引くときに脇の下の筋肉が動きます。すると、肩や腕に力を入れずに大きく弓を引くことができます。

 スポーツでも脇の下の筋肉を使って腕を振ると、動作の質が向上する
弓道以外のスポーツでも同様に、腕だけを使うのではなく、「脇の下」を使って、腕を動かすようにしましょう。この動きを取り入れることで、腕の動きは格段に良くなります。

脇の下を使えば、腕に力を入れなくても良いです。むしろ、力を抜いた方が、速く腕を振ることができます。

例えば、野球のピッチング動作であっても肩や肘ではなく、脇の下を使って腕を脱力させて振れば、楽に速い球を投げることができます。水泳での水かき動作も脇の下を使って腕を振るようにすると、腕を動かす動作がやりやすくなり、肩周りが疲労しにくくなります。

脇の下の筋肉は「首」と「肩」の二つの動きを組み合わせて、ようやく理想的な腕の動きができます。両肩を落とすだけでも、脇周りの筋肉は働きますが、これだけでは胸が前方に突出しやすい姿勢になります。すると、脇の下以外に胸や肩といった筋肉も動いてしまうため、腕の動きに影響が出てしまいます。

多くの人は腕を動かすときに肘を使おうとします。例えば、ランニングで腕振りをするときは「肘で引くようにしましょう」と説明したり、野球でボールを投げるときは「肘を使って投げましょう」と指導します。

しかし、人の体は肘を動かすと肩も一緒に動いてしまいます。そのため、肘を使って腕を動かすと、肩の筋肉の消耗が速くなります。その結果、上半身の姿勢が崩れたり肩を怪我したりします。

スポーツでの腕の動きを良くするには、腕ではなく脇の下を働かせるようにしましょう。この方法を取り入れれば、力を入れずに速く腕を動かすことができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です